201996vs広島カープ戦@マツダスタジアムの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は高橋遥人、広島の先発は九里亜蓮。試合が動いたのは2回裏、広島の會澤のソロホームランで阪神は先制される。更に3回裏には菊池鈴木會澤メヒアのタイムリーで一挙に5点取られ6点差となる。阪神の反撃は6回表に糸原のタイムリー、ショートのエラーなどで一挙に3点取り3点差とする。試合はこのまま進み3-6で阪神の負け。ABCラジオとMBSラジオの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―先発の高橋遥人について

矢野 打たれたのは仕方ない。勝負にいった結果だから。それについては何も言うことはないんだけど、ベースカバーに入らない場面があった。こういうところをしっかりやってほしい。これは春から野手は全力疾走をするとかをやってきていたことだったので残念だった。そこをしっかり注意した。

 

―ビハインドが大きいかった

矢野 序盤に6点取られるとチームとしてはしんどくなるよね。

 

―ソラーテの帰阪について

矢野 それは球団発表以外には言えない。俺からは何もない。

 

 

以上です。

序盤で勝負が決まった。
おすすめの記事