2019915vs読売ジャイアンツ戦@東京ドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は岩貞佑太、巨人の先発は菅野智之。岩貞は初回から出塁を許し岡本の2塁打で2点先制される。阪神は2回表にすぐさま反撃で梅野のタイムリーで1点返す。阪神の先発の岩貞は3イニングで降板。4回表に阪神は2アウト満塁の場面で鳥谷が2点タイムリー、木浪もタイムリーで一挙3点取り逆転。試合はここから終盤7回表に阪神は糸原のタイムリーで1点追加。7回裏には巨人、石川慎吾が特大のソロホームランで1点差とする。更に8回裏に1点リードでジョンソンを投入した阪神でしたがゲレーロの2ランで巨人に逆転される。これで勝負が決まり最終スコア6-5で阪神の勝利。サンテレビとG+の野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―早い回で先発の岩貞を降ろした

矢野 こちらとしてはリードされて早いイニングから仕掛けるしかなかった。勝つ気持ちを出したかった。勝ちへの姿勢はみんな見せてくれたかな。

 

4回表に鳥谷の2点タイムリー

矢野 こっちに流れが来た一打だったね。期待通りのバッティングをしてくれた。

 

―この日の敗戦で数字上の優勝の可能性がなくなった

矢野 チームとしてはCSしか目指すしかないわけだから、今こそ戦う姿勢が問われる。目の前の試合に向かって行きます。

 

終始険しい表情だったようです。

 

以上です。

まさかの逆転負け。
おすすめの記事