2018年6月2日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.西武戦で打線の牽引役になった阪神タイガースの糸井嘉男と糸原建斗について元中日の谷沢健一とフジテレビアナウンサーの黒瀬翔生が語り、後半は阪神投手陣について元ヤクルト広島の笘篠賢治がフリーアナウンサーの梅田淳も一緒になって語っています。

 



【まずはこの日、大活躍した糸井糸原について】

この日の二人の打撃内容

2番・糸原右2左安左2右安投犠打中飛打率.289
打点1
4番・糸井右安二ゴロ四球右本左犠飛中飛打率.301
打点1打点4打点1

 

アナ 打線が爆発した阪神でしたがいかがでしたか?

 

谷沢 やはり、糸糸コンビが良かったですね。

 

アナ 糸井と糸原ですね。

 

谷沢 横の糸と縦の糸がね。

 

アナ (笑)

 

谷沢 2番の糸原ですよね。やはり、ステップしてインサイドのスライダーを振り抜いた時に右の脇が開かないですからね。締まって打ちにいきますよね。

 

アナ はい。

 

谷沢 ベテランの糸井もそうですね。スライダーを初球から上手く仕留めましたね。

 

 

【ここから苫篠と梅田アナも参戦して投手陣について】

梅田 打ちも打ったりで爽快な阪神タイガースでしたが、1つ注目したいのが今日プロ入り初勝利をあげた谷川について話したいと思います。谷沢さん、この谷川が勝ちました阪神は投高打低と言いますか、ピッチャーには生きのいいのがいますが。

 

谷沢 はい。谷川は防御率がもう一つ良くないですけど、ただ、使い減りしないようなボールの重さと力強さがありますよね。

 

梅田 はい。

 

谷沢 もう25歳ですから、九州の出身で社会人も経験しているし、場数を踏んでいけばもっともっと活躍するんじゃないですか。

 

梅田 そうですね。あと、他の名前を挙げれば今日先発の小野もそうですが高橋遥人、才木、そして今日の谷川。望月というのもいいらしい。そして、ドラフト1位の馬場もいいらしい。色々と話が聞こえてくるんですが、苫篠さんはどう見てますか?

 

苫篠 そう考えると来年、再来年には投手王国に・・・。

 

梅田 そういう可能性がね。

 

谷沢 いや、もう阪神は投手王国なんですよ。1番防御率がいいから。

 

梅田 そうですね。今年もこれ以降も楽しみな投手陣ということですね。

 

谷沢 まあ、今日は投手陣というよりも糸井の満塁ホームランでベンチの喜びようは、日本シリーズでも勝ったような。

 

梅田 そうでしたね(笑)

 

谷沢 そういうベンチの様子でしたね。

 

梅田 やっぱり、縦の糸と横の糸。糸に尽きますね。

 

 

以上です。

少しテーマがごちゃ混ぜでしたが投手王国に片足踏み込んだ感じがありますね。あとは打つ方だけです。開幕から安定して活躍しているのが糸井と糸原ぐらいですからね。福留は5月が全然ダメでした。他は話にならないレベルです。

おすすめの記事