2019922日にTBSで放送された『S1』でこの日の東北楽天ゴールデンイーグルスvs.埼玉西武ライオンズの試合を野村克也がぼやき解説しています。西武はマジック3の状態です。

 



試合前

1位・西武はマジック3で残り4試合、2位・ソフトバンクは残り5試合で2ゲーム差です。

 

―浅村と菊池が抜けて戦力ダウンしても西武が首位

野村 うん。辻監督の力が大きいよ。選手の目の付け所が名監督は共通して持ってるよ。

 

 

試合開始

1回表に森友哉が先制ソロホームラン

野村 まず森の(打席での)構えに隙がないからな。自信満々の構えをしてる。どこからでもかかって来いという感じ。

 

―しかし気になる部分がある

野村 髪型を何とかしてくれよ。

 

―金髪はダメか?

野村 ダメよ。いかにもパァって感じ。どこか抜けてる感じ。

 

―試合中盤まで2失点で好投の楽天先発の石橋

野村 まあ石橋叩いて渡ってる最中だね・・・。グフフ()

 

5回裏、浅村が2ランで3点差に

野村 昨日の友は今日の敵だよ。俺もそういう経験があるけど、ダイヤモンドを回るとき「ごめんよ」と言っていた。

 

6回表に森がセーフティバントを試みるもアウト

野村 (森がそういうことをやると)チームの士気は盛り上がるよ。やっぱり勝ちたい一心で自然に出る場合があるからね。勝利意識が出てるんじゃないの。

 

その後、8回表に中村2ラン、外崎ソロホームランで2点差までいくものの西武は敗戦で足踏み。一方の2位ソフトバンクは勝利し1.0ゲーム差でマジック3のまま。

 

 

試合後

―パ・リーグ優勝争いの行方は

野村 最後の最後まで分からんよ、これね。今日の西武の負けは痛いわ。

 

―今後はどういう戦いをすればいいのか

野村 トーナメントと同じ戦い方と同じ気持ち。こういう経験を俺らは何回もしてきたけど、それが1年あってもこういう展開になるとトーナメントと同じで負けられない。大変ですよ、これから。まあ最後は西武だと思うけどね。

 

 

以上です。

パ・リーグの優勝争いが混沌としてきました。
おすすめの記事