2019929日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で引退となった阪神タイガースのメッセンジャーについて元巨人の松本匡司、元日ハムの岩本勉、横浜で監督をしていた大矢明彦がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



メッセンジャーの引退スピーチの一部

メッセ アリガトウ。プロとしての21年間、信じられないほどあっという間に過ぎていきました。タイガースという素晴らしいチームで特別な10年間を過ごせました。監督、コーチの方々、チームメート、裏方の皆さん、アリガトウ。そして最愛の妻ベネッサ、あなたは私のすべてです。グラウンドでも、グラウンド外でも、いつも背中を押してくれて、本当にありがとう。君は最高の妻であり、最愛の4人の子供たち、フランチェスカ、コレッド、ローム、ローランドにとっての最高の母親です。タイガースファンの皆様、ヴァネッサという妻がいなければ、私はこれほどの成績は残せていなかったと思います。妻のことも是非たたえてあげていただけますでしょうか。世界中のタイガースファンの皆様、自分が好投しているときも、そうでないときも皆さんの情熱は、本当に素晴らしかったです。日本での10年間、本当に素晴らしく、一生忘れることはありません。心の底から皆さんに感謝したいと思います。タイガースファンは本当に、世界一だと思ってます。イチバンデス。アリガトウ、ホントニ、メッチャ、アリガトウ。これほどまでに応援してくださったこと、本当に幸せでした。これからもあなた方、タイガースファンの方々が、私の心に居続けてくれると思っています。引退する日は必ず来ますが、それは受け入れがたく、できればもっとプレーし続けたいものです。しかし今、その日がやってきてしまいました。皆さん、また、お会いするその日まで、さようなら。

 

 

 

大矢、松本、岩本が語る

アナ メッセンジャー投手は阪神での10年間を感謝の言葉で締めくくりました。

 

岩本 メッセンジャーは日本のプロ野球で成長して、阪神において欠けてはいけない存在にまでなっていました。(奥さんとの)キスも様になってしょうがないですよ。

 

アナ 家族の支えがあっての、という言葉もありましたね。

 

岩本 そうですね。メッセンジャーにグッジョブ、そして奥さんのベネッサにグッジョブ!

 

アナ はい。

 

岩本 大矢さん、本当に日本のプロ野球に貢献してくれたピッチャーですよね。

 

大矢 そうですね。タイガースに馴染んで、本当にタイガースの一員でした。外国人投手というよりもタイガースのメッセンジャーという一人のピッチャーとして育っていきましたよね。

 

岩本 はい。本当に日本をそして関西エリアにも馴染んでいて冗談までも覚えていましたね。松本さんはどんな印象をお持ちですか?

 

松本 たまに出る関西弁とかでも本当にタイガースに馴染んでるのがよく分かりますよね。

 

岩本 素晴らしい助っ人外国人ですよね。どの球団も真面目な助っ人外国人選手を獲得しようと思うんですけど、ただ勤勉だけじゃなくて、チームに溶け込んで存在自体もどういう立ち位置になるかというのも重要視されるんですよね。

 

大矢 岩本さんね、正直な話をすると真面目でも働いてくれないと何の戦力にもならないのよ。

 

岩本 はい。

 

大矢 だけど、メッセンジャーは球数もスゴく必要とするピッチャーだったんけど、いってくれと頼んだら中4日でも投げてくれたりね、本当に大きな柱だったんですよね。そこが凄いと思うよね。

 

岩本 スゴくマウンドに立ちたいピッチャーでしたよね。

 

大矢 そうですね。熱くなってカーっとするところもあったけど、それだけ闘志もあるピッチャーだったので相手にも怖がられましたよね。

 

岩本 タイトルもそうですけど、タイガースの開幕投手を6度もしているというね。

 

大矢 そうなんですよね。なかなか外国人投手だと開幕投手というのはちょっとというのがあるんだけど、もうタイガースのピッチャーだからね。本当に力を認められていましたよね。

 

岩本 そうですね。

 

NPB通算成績
263試合 98勝84敗 1H 奪三振1475 防御率3.13
2014年最多勝 2013、2014年最多奪三振 6度の開幕投手

 

以上です。

チームの大黒柱でした。

おすすめの記事