2019105vs横浜DeNAベイスターズ戦@横浜スタジアムのCS 1st 1戦目の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は西勇輝、DeNAの先発は石田健大。阪神は初回からチャンスを作るが無得点。対するDeNAは初回にいきなり筒香の3ランで先制し。更に西に打球が当たり1回でアウトを1つも取れずに降板となる。阪神は4回表に梅野の犠牲フライで1点返し2点差。5回裏に4番手となった阪神の島本がDeNA打線に捕まり一挙4点取られ6点差となる。7回表には木浪のタイムリーと北條の3ランで再び2点差に迫る。更に8回表も押せ押せの阪神は木浪のタイムリー、そして北條が再びチャンスで2点タイムリーを放ち逆転。最後は藤川球児が締めて8-7で阪神の勝利。ABCラジオの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―第一声

矢野 すごいね。どんな記事書いてくれる?()

 

―今日の勝利について

矢野 全員でやっていく野球というのを目指して春からやってきたんだけど、もちろんパッと見てヒーローは北條なんだけど、全員がヒーローだった。常々言ってきた諦めない姿勢が出た。

 

ここで下を向いて言葉が出ず涙を我慢する仕草

 

(続けて)

 

矢野 みんなの頑張りはもちろんなんだけど、どの場面とかはない。ピッチャーの交代も早め早めなんだけど、最後はピッチャー足りなくなるかもしれないと思ったけど、それでもうちらはいくしかない。

 

―下剋上を思わせる戦い

矢野 試合前ミーティングでは「ここまで来たのはみんなの力で奇跡でない 奇跡というのはこれから起こしていくもんだ」と話していて、まさにそんな戦いになった。この1勝はチームにとって勇気を与える1勝。俺らもそうだし、ファンの皆さんにも勇気を与える1勝。チームとして成長していける1勝。戦う前にも言ったけど、俺らはまだ強いチームじゃない。でも強くなっていけるような、そんな戦いになる。

 

―明日に向けて

矢野 もちろん明日決めるつもりで戦っていきます。全員が戦力です。

 

 

以上です。

また泣いたらしいです。
おすすめの記事