20191017日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で東京ヤクルトスワローズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ヤクルトの指名選手
1位 奥川恭伸 投手  星稜高校
2位 吉田大喜 投手  日本体育大学
3位 杉山晃基 投手  創価大学
4位 大西広樹 投手  大阪商業大学
5位 長岡秀樹 内野手 八千代松陰高校
6位 武岡龍世 内野手 八戸学院光星高校

 

アナ ヤクルトは奥川をクジで引き当てた高津新監督。ここから始まったドラフトでしたが、西尾さんはどう評価されますか?

 

西尾 そうですね。もう上の4人は分かりやすいですね()

 

アナ これでもかっていうね。

 

西尾 そうですね。奥川選手はすぐに出てくる可能性がありますし、特に234位の3人は早いうちから使える可能性がありますし、スゴく分かりやすいドラフトでしたね。

 

アナ そうですね。小関さんはどうですか?

 

小関 奥川が大きいですね。これは本当に将来性もあるんですけど、来年も開幕からいけるぐらいの完成度がありますよね。

 

アナ はい。

 

小関 ただ、できれば夏まで辛抱してほしい感じがありますね。

 

アナ はい()

 

小関 ヤクルトはけっこう怪我人が多いんですよね。

 

アナ 確かに。

 

小関 その辺をちゃんと考えてもらいたいですよね。

 

アナ はい。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

奥川投手を当てた時点で超勝ち組です。
おすすめの記事