2020年11月6日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で先発し、プロ初勝利を飾ったオリックスバファローズの宮城大弥のピッチングについて元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の宮城の投球内容
5回117球 被安打7 奪三振7 四球3 失点3
今季1勝1敗 防御率3.94(11/6の試合終了時点)
プロ初勝利!

 

アナ オリックスが日本ハムに勝利しホーム最終戦を飾りました。ドラフト1位ルーキーの宮城投手がプロ初勝利です。

 

野村 やはり彼はドラフト1位の選手ですよね。5回を投げ切って初勝利をあげたんですよね。

 

アナ はい。

 

野村 5回に1点取られたのが悔しかったでしょうけど、またその裏にドラフト2位の紅林選手が勝ち越し打を放って勝利ということで、ドラフト1位、ドラフト2位のコンビが上手く活躍したなという印象ですよね。金村さん、いかがでしょう?

 

金村 そうですね。宮城というピッチャーはいいですよね。絶対に来年からドンドン出てきますよね。

 

野村 出てきてほしいピッチャーですね。

 

金村 えぇ。1つ1つの球を見たら素晴らしいですからね。

 

野村 はい。

 

金村 もう高卒1年目とは思えないようなボールを投げてますよね。あとは雰囲気もね。

 

野村 そうですね。大矢さん、楽しみなピッチャーが出てきましたね。

 

大矢 何か随分と落ち着いたピッチングをしてますよね。

 

野村 えぇ。

 

大矢 まあ、あれだけ随分と場数を踏んでそうなピッチャーなんでね。今後が楽しみですね。コントロールもそんなに悪くないもんね。

 

野村 うんうん。

 

アナ 来年以降も楽しみですね。

 

野村 そうですね。

 

 

以上です。

来年が本当に楽しみ。
おすすめの記事