2020年9月26日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で試合終盤に決勝ホームラン、最終回には俊足の増田の盗塁を刺して勝利に貢献した中日ドラゴンズの木下拓哉について元横浜の斎藤明雄と横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



木下のヒーローインタビューの一部

木下 今日ホテルで朝食を食べた後、エレベーターで傘を入れるビニール袋が落ちてて、それを拾って捨てたので神様が見てくれていたんだと思います。神様ありがとうございました!

 

 

木下を語る

この日の木下の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 ショートゴロ
3打席目 センターフライ
4打席目 レフトホームラン(打点1)
シーズン打率.274(9/26の試合終了時点)
9月の月間打率.368

 

アナ 中日が巨人との接戦を制しました。決勝ホームランでヒーローインタビューとなった木下は非常にいいキャラクターをしています(笑) 木下は打って守って大活躍でした。大矢さん、木下はいいキャッチャーになってきましたね。

 

大矢 冴えた1日でしたね。

 

アナ そうですね。特に9回裏、1点ビハインドで代走の増田の盗塁を刺したところですよね。

 

大矢 これその前の8回表に勝ち越しソロホームラン打ってますよね。

 

アナ はい。

 

大矢 あのホームランもシュート狙いでステップが開き気味でヤマを張ってたんですよね。

 

アナ えぇ。

 

大矢 それで増田の盗塁を刺したのも、今日のリズムが非常に良かったのでいい送球ができたと。だから木下自身が冴えた1日でしたね。

 

アナ なるほど。明雄さん、やっぱりノッてる時はこういう感じになりますよね。

 

斎藤 やはり相手からすると「キャッチャーには打たせるな」という鉄則があるんですが、その通りのゲームになりましたよね。

 

アナ はい。盗塁阻止率も出てます。

 

12球団の盗塁阻止率(9/26時点)
1位 木下 .483(29-14)
2位 梅野 .424(33-14)
3位 戸柱 .375(40-15)
4位 大城 .370(27-10)
5位 甲斐 .364(44-16)

 

アナ 木下が非常に頼れるキャッチャーになりつつあると与田監督も認めつつあります。

 

 

以上です。

このまま順調にいけば正捕手になりそうです。
おすすめの記事