2020年12月19日にフジテレビで放送された「S-PARK」で100人が選ぶナンバーワンの「スピードボール部門」が紹介されていました。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



スピードボール部門 第4位

ソト 今シーズンノーヒットでした。

 

丸佳浩 ストレートを狙ってもファウルになったり空振りするような。

 

梶谷隆之 出てきたらちょっとこれはキツいなっていう意味で阪神のスアレスかなと。

 

第4位はセ・リーグのセーブ王に輝いた阪神のスアレスが9票。ストレートの平均球速は全ピッチャーの中でナンバーワン。

 

2020年 ストレート平均球速ランキング
1位 スアレス(阪神)  155.7キロ
2位 ギャレット(西武) 155.5キロ
3位 ビエイラ(巨人)  155.3キロ
ストレート投球数が200球以上が対象

 

これにはセ・リーグ首位打者も舌を巻く。

 

佐野恵太 1本だけヒット打ったかな。自分ではセンターに思い切り打ちにいっている感覚だったんですけど、その打球がサード方向(レフト線2塁打)に行ったので。自分が想像してたよりかなり速い球だった印象が残ってます。

 

 

スピードボール部門 第3位

伏見寅威 めちゃくちゃ速いです。

 

田村龍弘 見えないんで。本当に割り切っていかないと打てないなっていう。

 

和田康士朗 ソフトバンクの千賀さんですね。

 

山本由伸 千賀さん。

 

2019年シーズンのナンバーワン。ソフトバンクのエース千賀滉大が12票で3位にランクイン。お化けフォークで三振を取るイメージの強い千賀たが、そのフォークに負けないくらいストレートで三振を奪ったのがストレートだった。

 

千賀滉大の球種別奪三振(2020年)
フォーク  59
ストレート 54
カット   29
スライダー 7

 

今シーズンは投手三冠に輝いた。

 

 

スピードボール部門 第2位

あの男が帰ってきた・・・。

 

森下暢仁 いや、160キロは出せないですね(笑) 羨ましいです。

 

大貫晋一 見たことないくらい球が速くて。

 

近本光司 センターから見ていて一番球が速く強く感じますね。

 

サンズ フジナミ。

 

第2位は2015年以来、5年ぶりにランクインした阪神の藤浪晋太郎が17票を獲得。8月21日に先発で692日ぶりの白星を上げると、9月下旬からは中継ぎに配置転換し、1イニングに全力を注いだ藤浪は160キロを連発。

 

松山竜平 先発のときだと僕は結構得意にしてたピッチャーなんですけど(笑) 中継ぎで一回対戦したときはちょっと彼の真っ直ぐは「どうにもならないな」と思いましたね。

 

10月には大谷翔平に次ぐ歴代2位の162キロをマーク。

 

日本人球速ランキング
1位 大谷翔平  165キロ(2016年)
2位 藤浪晋太郎 162キロ(2020年)
3位 由規    161キロ(2010年)
3位 千賀滉大  161キロ(2019年)
3位 国吉佑樹  161キロ(2019年)

 

今後の記録更新にも期待がかかる。

 

 

スピードボール部門 番外編

炭谷銀仁朗 あのストレートは衝撃やったっすね。今でも忘れられません。藤川球児さん。

 

巨人の炭谷が1票を投じたのは今シーズンで現役を引退した阪神の藤川球児。バッターの手元で浮き上がる火の玉ストレートを武器に、実は10年前のこの部門の初代王者に輝いていた。

 

2010年 スピードボール部門
1位 藤川球児(阪神)    31票
2位 ダルビッシュ有(ハム) 19票
3位 チェン(中日)     15票
4位 クルーン(巨人)    10票
5位 田中将大(楽天)     8票

 

2010年の1位受賞の藤川の言葉
僕のストレートが球界で一番すごいのでご了承ください。出来る限りストレートで頑張っていきたいですね。40歳までは無理でしょうから出来る範囲ストレートで精一杯頑張りたいです。

 

この受賞から10年。今年40歳を迎えた藤川球児は引退試合でも全球ストレート。最後まで魂のピッチングを貫いた。

 

 

スピードボール部門 第1位

上沢直之 みんなストレートを待ってても打てないって言ってました。

 

岡本和真 ピストルですね。ピューンっていって。

 

松井裕樹 は~やい。速いんだよ(笑) 速いっす。

 

森友哉 困ったら真っ直ぐでいけるでしょ、みたいな(笑)

 

松田宣浩 平良投手。

 

石垣島出身の21歳。西武の平良海馬が26票で初受賞。今シーズン、西武中継ぎの勝ちパターンとしてリーグトップタイの54試合に登板。

 

平良海馬の2020年の成績
54試合(リーグトップタイ)
1勝0敗 S1 H33 防御率1.87

 

沖縄県出身初の新人王に輝いた。その平良といえばある武器がある。

 

大下誠一郎 クイックも速いですし。

 

柳田悠岐 クイック。

 

平良はクイックでもスピードが落ちない。通常は盗塁を防ぐための投球動作だが、平良はランナーがいてもいなくても全てがクイックモーションで投球するのだ。

 

森友哉 回転数だったりフォームだったりとかを毎日研究しているような。

 

高橋光成 速いボールを追及して「どう投げたら速く投げられるんだろう」といつも追及しているのがスゴいです。

 

平良の探求心と努力がクイックという一番の武器を生みナンバーワンへと導いた。

 

 

1位の選手の言葉

平良 一番になれたのでスゴく嬉しいですね。来シーズンも100人分の1位を獲れるように頑張ります。よろしくお願いします。

 

2020年スピードボール部門ランキング
1位 平良海馬(西武)  26票
2位 藤浪晋太郎(阪神) 17票
3位 千賀滉大(福岡)  12票
4位 スアレス(阪神)  9票
5位 山本由伸(オリ)  6票
5位 マルティネス(中日)   6票
7位 モイネロ(福岡)  5票
8位 ビエイラ(巨人)  3票
8位 杉山一樹(福岡)  3票
10位 ギャレット(西武)   2票

 

以上です。

若くてスゴいのが出てきました。
おすすめの記事