2021年3月20日に日本テレビで放送された『Going Sports&News』で江川卓が2021年のセ・リーグ順位予想を番組MCの上田晋也と共に語っています。

 



 

まず3位から6位を発表

 

 

上田 なるほどね。また5位が2チームでどちらか、という予想。これは毎年やってるんで僕もうるさく言いませんわ(笑)

 

江川 はい(笑)

 

上田 5位と6位の2チームが広島かヤクルトのどっちか。それで去年の江川さんの優勝予想だったDeNAが4位予想ですか。

 

江川 そうなんですよね。ソトとオースティンという外国人助っ人がいるんですけど。

 

ソトの昨季成績
HR25 打点78
来日が遅れている
オースティンの昨季成績
HR20 打点56
来日が遅れている

 

上田 はい。

 

江川 その主力の来日がちょっと遅れているので、スタートがちょっと難しくなるかなと。攻撃力がちょっとないかなというところで4位なんですけど、この2人が加われば3位もあるかなというところですよね。

 

 

上田 なるほど。そして中日が3位という予想で1位と2位がジャイアンツかタイガースかですね。では上位の2チームのどっちが優勝予想なのか。

 

1位と2位を発表

 

 

上田 おっ、今年も巨人が1位で阪神が2位ということですね。

 

江川 はい。

 

上田 じゃあ、この上位2チームの分析をお願いします。

 

江川 去年は開幕から菅野投手が連勝しまして、最終的に1人で貯金を12作ったんですよね。

 

菅野の昨季の成績
14勝2敗 最多勝獲得
2021年 オープン戦 11回無失点

 

上田 そうでした。

 

江川 それで今年もその活躍があればダントツで巨人が勝つんじゃないかなと思いますね。更に梶谷選手をFAで獲得したんですね。

 

梶谷の昨季の成績
打率.323 HR19
今季DeNAからFA移籍

 

上田 はい。

 

江川 昨季は3割2分を超えて19本のホームランということで、やっぱり坂本・岡本・丸と更に梶谷選手がプラスアルファになりますから、物凄く攻撃力としては増すんですよね。

 

上田 うーん。

 

江川 そうなってくると相当強いかなと思いますねぇ。

 

上田 では巨人と阪神の総合力を比較すると結構な差がありそうですか?

 

 

江川 いえいえ。

 

上田 そうでもない?

 

江川 はい。

 

 

上田 では阪神が優勝するにはどうしたらいいです?

 

江川 これは打撃力がプラスされれば逆転の可能性があると思んですよね。その条件がこちらになります。

 

阪神が逆転するための条件
佐藤輝明
打率3割 HR30本
オープン戦 打率.302 HR6(3/20時点)

 

上田 はい。佐藤選手が3割30本を打てば逆転という事でしょうか。

 

江川 私の予想では彼の成績は3割25本ぐらいなんですけど、3割30本打てば可能性としてはちょっと出てくるかもしれませんね。攻撃力が上がりますからね。

 

上田 はい。

 

江川 そして投手力に目を向けると藤浪投手が開幕投手という事で期待ができるので。投手力はもともとあるチームなので、これで可能性があると思いますね。

 

上田 ルーキーで優勝のカギを握るというのもスゴいですね。

 

江川 そうですね。

 

番組での予想はここで終了。
ツイッターで各チームの分析を公開しています。

 

巨人

https://twitter.com/Going_SN/status/1373295814492131330

 

阪神

https://twitter.com/Going_SN/status/1373295135128125441

 

中日

https://twitter.com/Going_SN/status/1373294252709486601

 

DeNA

https://twitter.com/Going_SN/status/1373293516302913536

 

広島

https://twitter.com/Going_SN/status/1373292892949651459

 

ヤクルト

https://twitter.com/Going_SN/status/1373291991950188549

 

 

 

 

以上です。

坂本・岡本・丸・梶谷の4人組は相当ヤバいですね。でもサトテルが3割30本打てば逆転。
おすすめの記事