2021年4月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先発し、6回1失点で開幕4連勝を飾った阪神タイガースのガンケルについて元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日のガンケルの投球内容
6回92球 被安打5 奪三振6 四球1 失点1
4勝0敗 防御率1.09(4/18の試合終了時点)
開幕4連勝!

 

アナ 阪神がヤクルトを下して5年ぶり、2017年以来の7連勝です。先制した試合では15連勝と、まさに絶好調です。

 

岩本 はい。先制した試合という事で打者に目が行きそうですが、谷沢さん、今日のガンケルもそうなんですが、先発陣の充実が今のタイガースの強さだと思うんですよ。

 

谷沢 先発陣がいいから先に点を取ったら負けないですよね。特に今日のガンケルは低めの制球力が素晴らしいね。カットボール、そして低めにシンカー気味に落とすようなね。

 

岩本 散らすボールが上手いですよね。

 

谷沢 うんうん。予想外の活躍じゃない?

 

岩本 はい。

 

谷沢 もう少し球威のある助っ人ピッチャーも獲ってるんだけど、まさかガンケルがここまでやるとは思わなかった。

 

岩本 豊さん、けっこう日本の野球に馴染んでいると言いますか、投球術に長けたピッチャーですよね。

 

高木 そうですねぇ。まず自滅しないのが大きいですね。それとボールを動かす事ができますし。

 

岩本 はい。

 

高木 まあ、阪神の投手陣を見てたらバラエティに富んでますよね。

 

岩本 今こうやって見ると皆が仕事をキッチリと果たしてるんですよね。

 

阪神の先発陣(4/18時点)
ガンケル  4勝0敗 防1.09
西 勇輝  2勝1敗 防1.23
青柳晃洋  2勝0敗 防1.35
秋山拓巳  2勝1敗 防1.80
藤浪晋太郎 2勝0敗 防1.90

 

高木 色んなパターンがあるでしょ。

 

岩本 あぁ、はいはい。

 

高木 皆が皆、タイプが全く違うんですよね。だからそこら辺も対戦相手からしたら相当厄介なところですよね。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

ガンケルは化けましたね。
おすすめの記事