2021年4月25日vs横浜DeNAベイスターズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―岩貞―岩崎―スアレス

横浜 阪口エスコバー―砂田―平田―山崎

 

阪神は2回裏に佐藤の2ランで先制。4回表に阪神先発のガンケルが捕まり2失点で同点。5回表にもDeNAが佐野のタイムリーで1点勝ち越す。阪神は直後の5回裏にガンケルの2塁打からチャンスを作り、色々と横浜のミスが重なり2点入り逆転。7回表に岩貞が先頭打者に四球を出してからピンチを作りオースティンに2点タイムリーを打たれ再び逆転される。阪神は7回裏に近本のヒットからチャンスを作り、大山の犠牲フライとサンズの2ランで再逆転し2点差とする。ここから試合は動かず最後にスアレスが締めて7-5で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

途中交代したマルテについて

矢野 足の張りがあるということで大事を取って交代した。ここのところよくランナーとして出ていたし、今日も走っていたし。抹消するほど大きなものではない。

 

7回裏の逆転劇の陽川の送りバントについて

矢野 打席に立つ前に「緊張してるやろ!?」と声を掛けたら「大丈夫です!」と答えた。その時の顔を見て安心して送りバントをさせた。あの場面は「俺が決めてやる!」というものではなく「ちょっとイヤだな・・・」という緊張する場面だったと思うけど、よくバントを決めてくれたし、近本の走塁も含めてチーム一丸だった。

 

―次の甲子園では無観客試合となる

矢野 どんな状況でも試合ができることはありがたい。ファンの皆さんにはまず我慢してもらって、そして早く緊急事態宣言も終わって、また自分たちの野球を観てもらいたい。

 

 

以上です。

逆転の連続の試合を勝ちました。
おすすめの記事