2021年6月18日vs.読売ジャイアンツ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西―及川―岩貞

巨人 メルセデス田中―戸根―戸田

 

阪神は2回裏に先頭の佐藤の2塁打からサンズ、梅野、近本のタイムリーで3点先制。更に3回裏にはサンズの満塁ホームランで7点差。巨人は4回表に1点を返しただけ。試合はこのまま進み7-1で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―交錯して途中交代した糸原について

矢野 捻ったみたいだけど、問題ない。

 

―7回1失点の先発西について

矢野 交流戦明けのスタートの一戦を任せようと思い送り出した。ここのところ良くない中で、今日はピンチで粘るという、らしさが出ていた。今日をキッカケにまた状態を上げてほしい。いいキッカケになったんじゃないか。何より勝ちが付いた事が大きいよね。

 

―メルセデス攻略について

矢野 最近調子がいい中で今日はノッてくる前に仕留める事ができた。また対戦もあると思うし、次に向けてもいい攻撃ができた。

 

―オリンピックに追加招集された梅野について

矢野 リュウらしく侍のユニフォームを着てプレーすることが一番じゃないか。俺自身も代表のユニフォームを着て刺激を受けた部分があったし、後々プラスになった事がたくさんあったんで、あいつらしくやってくれれば。

 

 

以上です。

7連勝です。
おすすめの記事