2018年4月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で2018年今季初ホームランを含む2安打の活躍をした山田哲人について元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満、そしてデーブ大久保が語っています。

 



【山田のヒーローインタビューの様子】

山田 今年1番の自分のスイングができたんで本当に良かったです。今日みたいな活躍をこれからもしていきます!

 

【ここからスタジオでこの日の山田について語る】

大久保 江本先生、これは復調と見ていいですか?

 

江本 まあ、復調の兆しは出たんじゃないですか。やっぱり甘い球とはいえ、俺はピッチャーだったから専門的なことは分からないけど甘い球を調子が悪い時は打てないじゃない。

 

大久保 そうですね。

 

江本 今日は2本(もう1本は三塁打)ともコース的には甘い球だよね。それがヒットになってくると調子が上がってくるんじゃないですか。

 

大久保 なるほど。去年から引きずっているのが、かかと足体重になるっていうのがつま先体重になって強いスイングになっている。

 

江本 足をピョーンと上げて打つ人はタイミングを取るのが難しい。合いだすと凄いけどね。

 

大久保 そうですよね。やっぱり、山田が活躍するような打撃をしてくれないとですよね。

 

江本 それはヤクルトにとっては大きいですよ。

 

大久保 真中さんから見てどうですか?

 

真中 今日の菅野は調子が悪かったですけど、そんな中で山田が振れたってことは大きいと思いますね。

 

大久保 なるほど。

 

真中 ましてホームランが出たんでね。これから乗っていけるんじゃないですかね。

 

 

以上です。

山田が復活したらヤクルト打線の火力が相当アップしますね。青木と共に打線を引っ張る存在ですね。

おすすめの記事