2018年4月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日、vsヤクルトで今季初勝利で完封をした中日の柳裕也について元横浜の高木豊、元近鉄中日西武の金村義明、元日ハムの岩本勉がフリーアナウンサーの堤友香(以下アナ)と共に語っています。

 



【この日の柳の投球内容】

9回111球、2被安打、6奪三振、2四球、無失点。

 

アナ 柳投手は見事でしたね。

 

高木 カーブを使う。金村さん、組み立ても非常に良かったと思うんですけど。

 

金村 そうですよね。バッターからすると、あのドロンとしたカーブを打ちたくてもなかなか打てないですよね。

 

高木 もったいないんですよね。

 

金村 狙ってヤマを張らないとカウントボールはなかなか狙っていけないですよね。

 

高木 はい。それと映像を見ているとインサイドの使い方が上手かった。

 

金村 上手かったです。前回は3イニング四死球が5つですよ。相当怒られたと思うんですよ、バッテリーを含めてね。今年は大野もFAで入って来ているなか、このキャッチャーの松井雅人ともう一度チャンスを2人に与えると見事に結果で返す。この後の森監督のインタビューが長かった長かった(笑)

 

一同 (笑)

 

金村 もうニヤニヤニヤニヤで開幕から調子が良くなかったんですけど、やっと笑顔が出ましたね。

 

高木 なるほどね。ガンちゃんはどう思う?

 

岩本 はい。ルーキーイヤーのキャンプからすごく見応えのあるピッチャーだと注目していたんですね。

 

高木 はい。

 

岩本 まあ、色んな怪我にも苦しんだんですかね。でも、今日のマウンドを見たときには何かコツを掴んだようにも思いました。

 

高木 なるほどね。

 

岩本 バットの芯に勝手に近寄ってしまうようボールは1つもなかったですね。

 

高木 ガンちゃんね、さっき何かコツを掴むって言ったじゃない。

 

岩本 はい。

 

高木 やっぱり、完封というのはそういうものがあるもんなの?

 

岩本 投げていて、ここでストレートでバットを出してきてもファールを取れるとか良いことしか頭に浮かばなくなるんで、すごく球持ちが良くなるんですよ。

 

高木 うんうん。

 

岩本 そこでファールでカウントを稼ぐことも多かったと思いますし。なので、ウイニングショットからの逆算が大半なんですけど、その通りに事を運ぶことができたんじゃないかと思います。

 

 

以上です。

柳は良いピッチャーだと思うのですがなかなか本領を発揮できずにいました。それがようやくですね。これから小笠原慎之介と共に左右の両輪で活躍することを期待です。

おすすめの記事