2018年4月10日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でセーブ失敗などが続いていましたがこの日のvsオリックス戦でようやく今季初セーブを上げた楽天の松井裕樹について元横浜の高木豊、元近鉄中日西武の金村義明、元日ハムの岩本勉が語っています。

 



 

【この日の松井の投球内容】

1回21球、0安打、2奪三振、1四球、無失点

 

高木 (ヒーローインタビューだった)岸はかっこいいなぁ。スマートで。そして、少しカッコ悪かった松井。やっと初セーブがつきました。ガンちゃん、良かったですね。

 

 

岩本 はい。ベンチが非常に喜んでいるんじゃないかと思うんですよね。じゃないと、勝てる野球が描けなくなるじゃないですか。

 

高木 はいはい。

 

岩本 先発ピッチャーが頑張り、そして中継ぎセットアッパーがいて最後に締めくくるのは松井。これがイーグルスの野球だと思うんですよね。それが今日は形になっていたのが非常に大きな材料だと思います。

 

高木 ですよね。あの、今江が良いタイミングでマウンドに行きましたけど。(2点差で9回裏、無死1塁の場面)

 

岩本 そうですよね。このシーンですよね。

 

高木 そこで何と声を掛けたんですかね?

 

岩本 いや、内容的には言葉は細かくは分かりませんが何か落ち着かせる、気を楽にするような絶妙な言葉をそこに落としていると思うんですよ。

 

高木 そうですよね。

 

岩本 冗談の1つかもしれません。野球の話じゃないかもしれません。でも、あそこで行く今江のタイミングは抜群だと思います。

 

高木 抜群ですよね。金村さんはこれで松井は変われると思いますか?

 

金村 いやぁー蓄積疲労があるかもしれないですね。

 

高木 なるほどね。

 

金村 まあ、もっとキレが良かったような。右バッターからクルクルと空振りを取れていたのが、やっぱり何年目ですかねぇ。やっぱり、蓄積疲労があるかもしれません。(松井は5年目)

 

高木 けっこう3、4年はやっていますもんね。

 

金村 うん。まだまだちょっと心配ですね。

 

高木 なるほど。まあ、どっちに出るか、1つの結果をきっかけに頑張ってほしいと思います。

 

 

以上です。

ようやく松井に今季初セーブがつきましたが危うかったのでまだ本来の力ではないですね。

おすすめの記事