2018年4月12日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs日ハム戦でリリーフ登板から中3日で先発登板したソフトバンクの石川柊太について元横浜の大矢明彦、同じく横浜の斉藤明雄、元ヤクルトの笘篠賢治がフジテレビアナウンサー小澤陽子(以下アナ)と共に語っています。今季初ホームランの柳田悠岐についても語っております。

 



【この日の石川の投球内容】

7回110球、被安打4、奪三振6、四死球3、失点0

今季通算2勝0敗2H 防御率0.75(4月12日の試合終了時点)

 

アナ ソフトバンクは連勝ということで大矢さん、先発の石川投手はどうでしたか?

 

大矢 そうですね。なんか孝行息子が出てきたなと。リリーフをやっていて中3日で先発ですよね。斉藤さん、リリーフから先発に引っ張ってきたんですよね。頑張りました。

 

斉藤 投手陣に怪我人が出て台所事情が苦しいところで1番心配することのないピッチャーを中3日で送り出したと思うんですけどね。

 

大矢 はい。

 

斉藤 これはリリーフの経験が石川をここまでピッチングを成長させているんじゃないかと思いますね。1球1球、丁寧に投げているしカーブ・スライダーで緩急の使い方が上手くなっているなあという感じに見えましたね。

 

大矢 なるほど。すごく落ち着いたピッチングでしたね。

 

斉藤 慌てていないんですよ。本来は立ち上がりで四球を出したりするもんなんですけど全くなかったんで落ち着いているなと感じましたね。

 

 

【ここから今季第1号ホームランを打った柳田について】

アナ そして、ご自身も周りも待望のホームランが柳田選手から出ましたね。

 

大矢 これは自分が1番欲しかったと言っているように嬉しいよね、苫篠さん。

 

苫篠 本当に開幕したときには1つの勝利、1本のヒット、色々ありますけど、ホームランバッターにはホームランが出るとホッとするみたいです。私はホームランバッターじゃないから分からないんですけど(笑)

 

大矢 そうですね。

 

アナ ちなみに46打席目で1号なんですけど2017年も46打席目だったそうなんですよ。

 

大矢 あ、そうなの。まあ、1本出るとこれから続けていったりするんですけどね。それにしてもソフトバンクにとっては今日が1番内容のある試合だったと思いますね。

 

 

以上です。

先発が苦しい中で石川が出てきましたね。ここから続くのか注目です。

おすすめの記事