2018年6月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日戦で見事な満塁ホームランを打った埼玉西武ライオンズの森友哉について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。後半には西武の機動力野球についても語っています。

 



【この日の森友哉の打撃内容】

1打席目 空振り三振

2打席目 ライト前ヒット (打点1)

3打席目 セカンドゴロ

4打席目 ライトホームラン (打点1)

5打席目 セカンドライナー

 

【森友哉のヒーローインタビューの一部】

森 会心だったんで入ったと思いました。まあ、久しぶりのスタメンということでスゴい気合も入っていましたし、いい結果が出て良かったです。

 

 

アナ 西武の森は今シーズン2度目の満塁ホームランで西武は2連勝です。谷沢さん、見事な満塁ホームランでした。

 

谷沢 いやぁ、二度も同一シーズンに出るというのはね、そんな事は経験したことないけども、外崎のホームランといい、森のホームランといい、非常にバットのヘッドをよく生かしたスイングでね。

 

アナ それで、今シーズンの満塁での成績ですが13打数5安打17打点(6/16の試合終了時点)。稼いだ打点の半分が満塁で稼いでいると。

 

谷沢 おぉぉ。

 

アナ 見事ですね。

 

谷沢 炭谷の出る幕ないね。これは。

 

アナ まあ、投手との組み合わせが決まっていますから。今日は森でした。

 

 

【ここから西武の機動力野球について】

アナ 豊さん、一つ伺いたいのが機動力を使う西武の野球というのをね。3回裏ノーアウト2塁ランナー源田でバッター浅村の打席でサードゴロの間で源田の好判断で3塁に進塁。

 

高木 うん。西武の選手ってタイミングをよく知っていますよね。このタイミングで行けば絶対にセーフになるっていうね。

 

アナ なるほど。そして、もう一つありますが。5回裏1アウト2塁で松井稼頭央の浅いセンターフライを木村がタッチアップをキッチリ決めていくという。常に先の塁。

 

高木 うーん。まあ、それだけ隙があるという事ですけどねぇ。

 

アナ 逆にね。

 

高木 まあ、捕り方とか構え方だとかをよく洞察していますよね。

 

アナ うん。

 

高木 洞察力が優れているというか。だから、本当にタッチアップという危機感を持った捕り方じゃないというのがよく分かっているというね。

 

アナ 谷沢さん、そつのない野球をやっているなという印象ですよね。

 

谷沢 うん。はい。

 

 

以上です。

最後の谷沢は完全に気を抜いていて素っ気なかった感じです。とりあえず森の満塁ホームランは見事でした。シーズンで2本も打つなんて凄いですよね。

おすすめの記事