2018年4月20日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs阪神戦で阪神先発の藤浪を攻略し快勝した巨人の攻撃について元巨人のデーブ大久保と元ヤクルト広島の笘篠賢治とヤクルトで監督をしていた真中満が語っています。

 



大久保 ジャイアンツの攻撃はチーム単位で藤浪を攻略したなと思いますね。例えばバントで藤浪にボールを捕らせて何とかミスを誘う。あとはバントの構えをしてボール球を投げさせて四球を取ろうというチーム単位でやる野球を巨人が本当に久しぶりにやったなと。真中さんはどう思いましたか?

 

真中 今日は色んな場面でセーフティバントをしたり、バントをしたりでピッチャーの藤浪を揺さぶるんですよね。投球に集中させないようにね。そんな事をチームとしてみんなで取り組んだのかなあと。

 

大久保 そうですよねぇ。笘篠さんなんかは現役の時にチーム単位で誰かを攻略しようとかっていうのは、どういうのがありますか?

 

笘篠 やっぱり打球の方向性なんてのはありましたね。

 

大久保 なるほど。

 

笘篠 山本昌さんなんかは「スクリューボールは引っ張りにいくとダメ」と言われたんで、「逆方向にみんなでおっつけようや」とかね。そういうことは徹底してやっていましたけどね。

 

大久保 真中さんは監督をやっている時はどうでしたか?

 

真中 そうですね。あんまりまとめてやってしまうと個性が生きなかったりするんで、主力の選手はそのまま打たせる。それで若い選手たちには対策を取り組ませるようにして、ちょっと分けてやったりもしますし、もちろん完璧に抑えられているピッチャーが相手だと全員で対策を取り組んだりもありますから場合によって色々と攻略は変えると思います。

 

大久保 なるほどね。僕がやったのとかだと例えば渡辺俊介。2008年のライオンズなんかは全員でカーブ狙おうと。それで三振しても球団にお願いしてマイナス査定しないでほしいと。コーチの俺の査定を悪くしてくれと。

 

笘篠 デーブさんがライオンズのバッティングコーチの時にダルビッシュの時とかはものすごいベース近くに立たせたりとかしてましたよね。

 

大久保 はい。中村剛也とかにね。

 

笘篠 徹底していましたよね。

 

真中 なかなか打てないですもんね。工夫するのはアリですよね。

 

大久保 そういうチーム単位の野球を巨人がやってくうるのは相手に必ず弱点があると思っているんですよね。どんな強い選手でも。そういうことやってくると巨人は常勝軍団なんですよ。

 

 

以上です。

藤浪は攻略されたというのもありますけど、内容が悪すぎて自滅という方が良いかもしれませんけどね。デーブの言葉は書き起こしいると何を言っているのか分かりにくいところが多いのでなんとかしてほしい。

おすすめの記事