2018年8月25日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約をしたと発表した社会人野球パナソニックの吉川峻平についてメジャーで活躍した石井一久がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



アナ MLB公式サイトは現在、社会人野球パナソニックに所属する吉川峻平投手がアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約したと伝えました。こちらの契約のタイミングについてちょっと問題になっているんですが、石井さんはGMというお立場からどういう風に感じましたか?(※2018年8月20日に楽天は石井一久のGM就任を発表しました)

 

石井 まあ、吉川投手も規定に関して把握していなかったというところだと思うんですけども、前例のないことですしね。

 

アナ はい。

 

石井 まあ、僕はむしろダイヤモンドバックスに問題があって、契約する側がしっかりとルールを確認した上で吉川投手に声を掛けて頂きたかったというか、吉川投手としっかりとコミュニケーションを取ってほしかったですよね。

 

アナ ダイヤモンドバックスは平野佳寿投手も所属していますよね。

 

石井 はい。

 

アナ 日本人の選手もいるということなんですが、そのあたりのルールに関してあまり認識がなかったということなんでしょうか?

 

石井 まあ、日本の選手が所属しているチームなので、日米間のルールをもうちょっと把握してほしいと思うし、逆に吉川投手は可哀想だなと、僕の感覚だと思いますよね。

 

アナ うーん。

 

石井 もう少し、しっかりと把握した上で声を掛けて頂きたかったと思いますね。

 

アナ ただ、吉川投手は素晴らしいピッチャーだと評価されていると聞いたんですが。

 

石井 やっぱり、小気味がいいというか、変化球も真っ直ぐもキレがあって、アメリカでも活躍できると思うんですけども。

 

アナ うーん。

 

石井 ただ、日本のクオリティの高い野球を学んでからでも良かったかなと僕は思いますけどね。

 

アナ 一度、日本の野球チームに入ってほしかったと。

 

石井 はい。一回経験してほしかったなと思いますね。

 

アナ となると、石井さんの頭の中にもそういう構想もあったと。

 

石井 それだけ素晴らしい投手なんで。

 

アナ いずれにせよキチンといい所に着地をして吉川投手にも頑張ってほしいですよね。

 

石井 そうですね。問題があったからこそ次は段々そういうものが改善されていくと思います。

 

アナ はい。期待しましょう。

 

石井 はい。

 

 

以上です。

日本で見たかったですが本人が決めたことですからね。

おすすめの記事