2019年3月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で横浜DeNAベイスターズの今永昇太の仕上がりについて元横浜の高木豊、同じく野村弘樹、元ヤクルト広島の苫篠賢治がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



開幕投手の話から今永の話題になります

 

アナ DeNAは今永昇太が開幕投手なんじゃないかと言われています。

 

高木 あくまで予想だよね。

 

アナ 予想ですが、どうですかね。最有力です。

 

高木 野村さん、エース番号の18は三浦コーチが付けてんだよね。

 

野村 はい。

 

高木 これチームにエースがいないってことでしょ?

 

野村 21番がエースですよ。(※野村の現役時代は背番号21)

 

高木 えっ!おいおい、言うなあ(笑)

 

野村 ハハハ(笑)

 

高木 野村弘樹の21番。

 

野村 ただ、今年の今永はキャンプの初日に見たんですけど、他には石田とか上茶谷もいましたけど、今年の今永はいいと思いました。

 

高木 なるほどね。

 

野村 それでここまで順調じゃないですか。ジャパンでもいいピッチングしてくれましたし、まずストレートがいいです。

 

高木 そうですよね。

 

野村 ストレートで空振りを取れるようになっているんで、今年はやってくれると思います。

 

高木 僕はちょっとストライクの取り方がボール1個から半分ぐらい甘いような気がしてならないのね。

 

野村 はい。

 

高木 ちょっと欲を言えばね。もっと良かったから。

 

野村 なるほど。

 

高木 それで球も本当にいい時よりは多少落ちてるでしょ。

 

野村 はい。ただ、今年はちょっと戻ってますよ。

 

高木 あっ、本当。

 

野村 僕にはそういう風に見えました。

 

高木 苫篠さんは今永を何回か見てるでしょ?

 

苫篠 今永はもうキーマンなんですよ。

 

高木 うん。

 

苫篠 DeNAが最低Aクラスで優勝を掴むためにはもうキーマンとしての役割で今永なんですよね。恐らくそういうラミレス監督の期待を込めての開幕投手になるんじゃないかと思いますけどね。

 

高木 なるほど。

 

最近5年間の開幕投手と監督
2014三嶋一輝(中畑)
2015久保康友(中畑)
2016井納翔一(ラミレス)
2017石田健大(ラミレス)
2018石田健大(ラミレス)

 

 

以上です。

今永が多くのイニング投げないとチームはキツいでしょう。

おすすめの記事