2018年8月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で先発したものの初回2アウトしか取れずに降板してしまった北海道日本ハムファイターズの村田透についてヤクルトで監督をしていた真中満、横浜で監督をしていた大矢明彦、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



アナ 日本ハムなんですが、連勝がストップとなりました。

 

谷沢 真中さん、今日は初回に日本ハムの先発の村田が3点取られて0回2/3で交代ですよ。

 

真中 そうなんですよ。ちょっと早いかなと思ったんですけど、この交代で栗山監督のこの試合に懸ける思いといいますかね。2/3イニングって監督としては代えづらいと思うんですよ。あとのピッチャーでどうやり繰りしようかとかが難しいと思うんでね。

 

谷沢 はい。

 

真中 まあ、そういった意味では栗山監督の素早い決断は素晴らしかったと思いますよね。

 

谷沢 大矢さん、2位のソフトバンクとの差が1ゲーム差となりましたけど、この辺の監督の躊躇なく初回から交代させてしまうという、厳しい交代かもしれないけどね。

 

大矢 多分、準備はしていたと思うんですよね。

 

谷沢 うん。

 

大矢 そうじゃないとあんなに早く代えられませんからね。万が一というのは考えていたと思いますね。

 

谷沢 準備してたかな? 試合前の村田は5勝2敗のピッチャーだよ?

 

大矢 うん。でも、恐らく考えていたね。まあ、次に左投手の加藤を投げさせようと決めていたので。

 

谷沢 加藤は左で防御率が3.09。

 

大矢 まあ、それでも代えるときは代える。

 

真中 まあ、準備はしていたんでしょうね。じゃないと、あそこでは投げられないですよ。多分、最初から今日の村田の状態はどうだろうかなと考えていたので、ちょっと加藤早めに肩を作っといてくれという話があったのではないでしょうかね。

 

谷沢 それだけ日本ハムは上を目指しているんだよね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

怪しすぎたから準備していたんだと思います。初回降板はキツい話ですけど。

おすすめの記事