2018年10月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.広島カープ戦で驚きの1番での起用となった横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智について元近鉄西武の金村義明、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



【この日の筒香の打撃内容】

1打席目 四球

2打席目 四球

3打席目 センターフライ

4打席目 レフト2塁打 (打点1)

5打席目 四球

シーズン打率.297 (10/7の試合終了時点)

 

 

岩本 ベイスターズは1番に筒香を入れてきましたけども、この辺については笘篠さんはどういう感想をお持ちですか?

 

笘篠 まあ、勝つこともそうだし、ホームラン王争いの個人タイトルという部分の配慮だと僕は思うんですけどね。

 

岩本 はい。でも、いくらタイトルがかかっていても、クライマックスシリーズが出ることが最優先ですよね。

 

笘篠 そうですよね。

 

岩本 そこで抜擢された1番筒香。金村さん、本人もどんな心境でバッターボックスに入っているんでしょうね(笑)

 

金村 いや、筒香はただ打つのみですよ。

 

岩本 はい。

 

金村 監督の期待に応えてね。筒香とソトで同じチームにホームラン王争いのライバルがいるんですから。

 

岩本 はい。

 

金村 同じように打席数を多くやっているわけですから、どっちも平等にね。でも、ホームラン王はソトかな・・・。

 

笘篠 フフ(笑)

 

岩本 まあ、今日の筒香は何やかんやで4出塁なんですよ。

 

金村 うん。

 

岩本 それでフォアボールも選んでいると、2番のソトです。この打線は個人タイトルやクライマックスシリーズなど色んなことを考えてのラミレス監督のラインナップだと思うんですけど、非常に面白味を僕を感じたんですけど。

 

金村 いやぁ、相手チームのバッテリーからしたらこんな怖い打線はないですよね。

 

岩本 ハハハ(笑) そうですよね(笑)

 

笘篠 今日の場合は丸というホームラン王争いの対象選手がいるから、やっぱりホームランだけは打たれてはいけないという警戒したリードになったと思うんですけど、もうカープは全日程が終わりましたからね。次からはガンガン攻めてこられるから、ホームランが出る可能性もあるし、ホームランが出る可能性もあると思います。

 

金村 うむ。

 

岩本 なるほど。いずれにせよDeNAは踏ん張りどころですよね。

 

アナ はい。そんなDeNAの次の試合は火曜日のヤクルト戦です。

 

岩本 またプレッシャーのかかる試合になりますよ。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

この打順を見たときにラミレス監督おかしくなったのかと思いましたけど上手く噛み合ったみたいですね。

おすすめの記事