2018年8月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で3番手にリリーフ登板し約2年ぶりの勝ち星をあげたオリックスバファローズの山田修義について元近鉄西武の金村義明とヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



【この日の山田の投球内容】

1回2/3、21球、打者5、被安打0、奪三振1、四死球0、失点0

今季1勝0敗3H 防御率0.00 (8/11の試合終了時点)

 

【山田のヒーローインタビューの一部】

山田 自分のピッチングができたんで、もうあとはチームが勝って良かったです。まあ、先発の時よりは今は中継ぎでしっかりと集中できているんで、与えらた仕事をしっかりやっていきたいです。

 

 

アナ オリックスが見事に3連勝、そして3番手の山田投手がおよそ2年ぶり685日ぶりの勝利をあげました。金村さん、この山田投手についてどういった印象を持っていますか?

 

金村 いやぁ、僕も勉強不足で・・・。えっ、何?何日ぶりって?

 

アナ 685日ぶりの勝利です。

 

真中 2年ぶりの勝利ですもんね。

 

金村 いやぁ、ビックリしましたよね。でも、嬉しいでしょうね。

 

アナ まあ、育成も経験してプロ9年目のサウスポーという、この山田投手なんですけども、2017年シーズンは4試合を投げて防御率が8.76とかなり苦しい1年となっていたわけなんですが、真中さん、この山田投手の印象はどうですか?

 

真中 そうですね。こういうピッチャーが1人でも出てくるとチームとしては非常に助かると思うんです。

 

アナ はい。

 

真中 やっぱり、こう8月と9月はどのチームも本当に中継ぎがしんどいですからね。

 

アナ はい。

 

真中 こうやって山田が出てくるとチームとしは頼りになりますよね。ましてや左ピッチャーですしね。必要なピッチャーになっていくと思いますね。

 

アナ そうですねぇ。この山田投手が3番手で登場してチームも3連勝と、この夏をいかに乗り切るかというところもチームとして頭を悩ませるところだと思うんですけれども、この山田投手が登場してチームの層も厚くなっている。そんなオリックスです。

 

 

以上です。

真中と金村、両者とも情報不足で当たり障りのないことを言っているだけでした。私もこの投手のことを知りませんでした。

おすすめの記事