2019年2月4日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で千葉ロッテマリーンズの藤原恭大のキャンプでの走塁練習について横浜で監督をしていた大矢明彦、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元中日の谷沢健一がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に色々と語っています。

 



藤原は走塁でシャッフルが出来ていないという映像が流れてから語り合います

 

アナ ロッテは初日から実戦メニューで、プロの洗礼を浴びた藤原選手。藤原選手は大注目ですね。

 

大矢 そうですね。左バッターとして本当に大きな期待を背負って、去年の清宮ぐらいの期待だと思うんですけども。

 

アナ そうですね。

 

大矢 谷沢さん、藤原は思い切りが良さそうですね。

 

谷沢 そうですね。長打もあるし、足も50メートル5秒7とか言ってたね。速いですよ。

 

大矢 うん。

 

谷沢 まだ走塁の細かいことは出来てないみたいだけど。

 

大矢 そうですね(笑)

 

谷沢 外野のセンターにそのうち座るだろうね。この選手は早くレギュラーになりますよ。

 

大矢 デーブさん、シャッフルというのを久しぶりに聞いたね(笑)

 

大久保 聞いたし、ちょっと心配になったのは、シャッフルが出来ないってことは、走塁が出来ないという前提条件になっちゃうんですよね。

 

アナ そんなに基本中の基本なんですね。

 

大矢 走るのは速いみたいなんだけど。

 

大久保 速いんだけど、キャッチャーから見て足の速いランナーは2塁からシャッフルで下手したら塁間の半分まで行ってる。

 

大矢 うん。

 

大久保 そっから戻るぐらいだから。

 

アナ へぇ。

 

大久保 だから、それが出来ないのは、あれ?って。

 

谷沢 でも大阪桐蔭だよ(笑)

 

大久保 そうですよね。だから、それが出来ないというのは、あれ?って。

 

アナ 感覚でやってきてしまったからというのがあるですかね?

 

大久保 そうなんでしょうね。

 

アナ 天才肌なんですね。

 

大久保 走塁コーチは大塚だと思うんですけど「どうしようかな?」と思ってると思いますよ。

 

大矢 うん。

 

大久保 今更、シャッフルを教えんのかっていう。

 

アナ なるほど。

 

谷沢 でも、私なんかは若い時にウォーリー与那嶺っていう二世の監督がいてね。

 

アナ はい。

 

谷沢 私はスライディングが出来なかったんですよ。フックスライディングっていうのをね。横に滑っていくやつね。

 

大矢 うん。

 

谷沢 「お前、そんなことも出来ないのか!」って言われてね。足を全部伸ばして後ろにそっくり返るようなスライディングをしてね。

 

大久保 はい。

 

谷沢 フックスライディングを砂場の上でウォーリーに随分と教えられた。

 

アナ それは教わってどれぐらいで出来たんですか?

 

谷沢 まあ、すぐに出来ましたよ。大広間で座布団を敷いて、そこにスライディングしたりね。

 

アナ コツを掴めば出来るようになると。

 

谷沢 そうそう。

 

大矢 でも、出来ないからこそ練習すればいいんでね。恥ずかしからずに。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

意外なところで知らないことがあったようです。

おすすめの記事