2018年9月12日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で8回9回に登板した読売ジャイアンツの畠、山口俊について元横浜の高木豊、元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に解説しています。

 



稲村 2位と3位の直接対決の第2ラウンドは引き分けに終わりました。

 

野村 ちょっとお二方に聞きたいんですけど、今日は8回に今季初登板の畠。

 

【この日の畠の投球内容】

1回19球、被安打2、奪三振2、四死球0、失点0

 

 

高木 うん。

 

野村 マウンドに上がりましたけども、これ今季初登板で1点差のマウンドに上がる方も大変ですし、この場面で使う方も勇気がいったと思うんですけども。

 

高木 もうブルペンに信頼できるピッチャーがいないんでしょうね。

 

野村 うーん。まあ、ファームで2試合中継ぎで投げているんですけど、それでもまだ2試合しか投げてなかったんですけどね。

 

高木 ただ、もうしょうがないんじゃないですかね。アダメスも昨日(9/11)はやられてるし、あとはやっぱり山口俊にいかに繋ぐかということなんでしょうね。

 

野村 金村さんはどうですか?

 

金村 まあ、全くそうでしょうね。ここへ来ての山口も中継ぎに転向せざる負えないという状況でね。まあ、またまだまだ配置転換あるんじゃないですかね。山口もちょっと中継ぎタイプでもないと思いますしね。

 

野村 その9回の山口俊ですけども、経験のあるピッチャーと言えども、デッドボールとフォアボール2つと犠牲フライで同点に追い付かれる。

 

【この日の山口の投球内容】

1回25球、被安打0、奪三振0、四球2、死球1、失点1

 

 

金村 うーん。

 

野村 先発のいい時のイメージとちょっと違うんですよね。抑えの経験があるとはいえ。

 

金村 気が小さいんでしょ?

 

野村 まあ・・・そうでしょうかね(苦笑)

 

金村 後ろが合わないんでしょ。

 

野村 でも、DeNA時代に抑えをやっていた時期もあったんでね。あの頃はしっかりと投げられていたんで。

 

高木 まあ、何て言うのかな、記憶の勝負だから、打たれたことを忘れることは出来ないかもしれないけど、やっぱりポジティブに物事を考えていかないと、いつまで経ってもこういうことから抜け出せないですよね。でも、今日はヤクルト打線の巡りで一番厳しいところ投げさせられているからね。

 

金村 うーん。

 

高木 だから、不運だったなっていう。2軍に落ちて、2軍で調整したわけだから、今後に期待しないとね。

 

金村 これ最後まで山口は守護神でいくんですかね?

 

高木 いくでしょ。

 

金村 おぉぉ。

 

高木 もう腹を決めるでしょ。だって誰もいないんですもん。

 

金村 うーむ。

 

(一瞬、沈黙)

 

高木 え?俺だけか?おいおい(笑)

 

野村 まあ、今後も見守っていきましょうよ(笑)

 

 

以上です。

今年の巨人は後ろに誰を投げさせてもガタガタになる運の巡りなのかもしれません。

おすすめの記事