2018年9月29日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のオークランドアスレティックス戦で3安打猛打賞、そして盗塁も決めてシーズン10盗塁を達成したアナハイムエンゼルスの大谷翔平についてメジャーで活躍した石井一久がフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



【この日の大谷の打撃内容】

1打席目 レフト前ヒット

2打席目 ライト2塁打

3打席目 レフト犠牲フライ

4打席目 ピッチャー内野安打

シーズン打率.289 (9/29の試合終了時点)

 

【大谷の試合後のコメント】

大谷 来年に向けて走れるところで走れれば、もっと得点できる機会も多くなるんじゃないかと思うので、一つでも先の塁に進めるようにやっていきたいと思います。

 

 

アナ 大谷選手、今日の盗塁で20ホームラン、10盗塁、そして10登板を投手として果たしたメジャー史上初の選手となりました。

 

石井 はい。まあ、新人王になるのはまだ分からないですけどね。

 

アナ はい。

 

石井 年齢もけっこうキャリアを積んでますからね。ただ、やっぱり大谷選手は厳しいシーズンを過ごして、常に成長してきたというのを見るとスゴく素晴らしい選手だと思いますし、大谷選手の加入というのは近年低迷しているエンゼルスに刺激を与えたと思いますし、大谷選手は本当に素晴らしいプレイヤーじゃないかと思いますね。

 

アナ またメジャー史上初で、初っていう色んな記録だったりを大谷選手は記録を色々と作っていますよね。

 

石井 そうですね。来年のエンゼルスはそういう刺激を受けたチームなんで楽しみだと思いますよね。

 

アナ 更に9月の成績が好調で、ホームランが7本で18打点と絶好調です。

 

石井 まあ、やっぱりこれだけのポテンシャルを持っている選手なんですよね。

 

アナ はい。

 

石井 ピッチャーから厳しい攻めだったり、厳しい環境におかれたときに、常にそれを跳ね返してくれるというね。ファンの方も次はどうやって跳ね返してくれるんだろうというのを楽しみにしていますよね。

 

アナ ワクワクしますよね。

 

石井 はい。

 

 

以上です。

大谷は色んな記録を掘り起こす男です。

おすすめの記事