2018年10月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.阪神タイガース戦で25打席目にしてプロ初ヒットを放った東京ヤクルトスワローズ塩見泰隆について元近鉄西武の金村義明、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



岩本 ヤクルトのルーキー塩見が25打席目ですかね。

 

金村 フフ(笑)

 

岩本 初ヒットが生まれました。

 

金村 うん。

 

岩本 金村さん、これについて感想をお聞かせください。

 

金村 いやいや、そら本人は嬉しいでしょうけども、けっこうチャンスを貰っていただけにね。

 

岩本 はい。

 

金村 まあ、即戦力という触れ込みで、しかも社会人のトップクラスから入ってきた選手ですし、普通だとちょっと20打席以上というのは大学・社会人を出て入団していると、チーム内でも『おい』ってなるんですけど。

 

岩本 そうですね。

 

金村 見てくださいヒットを打った後のベンチの盛り上がりよう。ということは、塩見という選手がどれだけ努力しているかということでしょ。

 

岩本 なるほど。普段、野球に取り組む姿勢がチームの中で認められていると。

 

金村 そうそう。チンタラやっているような選手だと、ベンチがあんなに盛り上がりませんよ(笑)

 

岩本 なるほど。苫篠さんはどうですか?

 

苫篠 この初ヒットのバッティングを見てもね、バッティングの原点、しっかりと振るということで24打席ノーヒットで、当てにいきたくなるようなところだけど、しっかりと振っているじゃないですか。

 

岩本 はい。

 

金村 これライトとファーストとセカンドが捕れるか捕れないぐらいのフライだから全力で2塁に行っているんですよ。

 

岩本 うんうん。

 

金村 だから、ライトの中谷が落ちたボールを拾ったときには既に楽々で2塁に到達しているんですよ。

 

岩本 あー。

 

金村 この走塁のスピードはまた見事ですよね。

 

ここで初ヒットのボールがベンチ前に転がってきて、それを拾ったバレンティンがスタンドに投げ入れるフリをする映像が流れる

 

 

岩本 これバレンティンが本当に投げたら大事件でしたね。

 

一同 ハハハ(笑)

 

岩本 初ヒットのボールをね。

 

金村 もし投げ入れたとしてもヤクルトファンならすぐに返してくれますよ。温かいですからね。

 

岩本 塩見選手の試合後のコメントがあるんですよね。

 

アナ はい。「一生打てないかと思っていた。やっとプロになったかな。ヒットはヒットなので素直に嬉しいです」とコメントしていました。

 

一同 フフフ(笑)

 

岩本 実感がにじみ出てますねぇ(笑)

 

金村 これは本当にね(笑) オープン戦のときからどんどんチャンスを貰ってましたけどね。

 

岩本 もうここからがスタートですね。

 

金村 そうですね。プロの一歩を踏み出しましたね。

 

岩本 そうですね。

 

 

塩見泰隆 25

1999年6月12日生 179cm76kg、右投右打

武相高校→帝京大学→JX-ENEOS

→ヤクルト(2017年ドラフト4位)

 

以上です。

やっと最初の一歩を踏み出しました。

おすすめの記事