201951日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦の6回裏にあったある場面のヤクルトベンチの迷いについて元中日阪神の田尾安志、元中日の立浪和義、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

  



場面

6回裏 ヤクルト2点ビハインド 2アウト2塁

5番ロペスを1ボールの後に申告敬遠し、絶不調の6番宮崎勝負に出ましたが宮崎にタイムリーヒットを打たれてしまう。

 

 

真中、田尾、立浪の解説

真中 ちょっと気になったのがヤクルトの守りのシーンなんですけど。

 

衛藤 はい。

 

真中 2アウト2塁で5番のロペスを申告敬遠して、6番の宮崎と勝負します。このケースでロペスをすぐに申告敬遠しなかったんですよね。

 

田尾 そうでしたね。

 

真中 まず1球だけ勝負にいって外の変化球が外れてボール。ここでヤクルトベンチは申告敬遠をするんですよ。

 

田尾 これはそうですよね()

 

真中 ちょっと僕から見ていると、若干ですけど一手遅れたのかなという気がしないでもなかったんですよね。

 

田尾 小川監督はちょっと迷ったんでしょうね。

 

真中 そうでしょうね。

 

田尾 ここはポンっと歩かせてね。調子の悪い宮崎が次のバッターだったんでね。

 

真中 はい。

 

田尾 当然、宮崎で勝負だったと思うんですけど。ああいうベンチの迷いというのは選手に伝わるんじゃないですかね。

 

真中 結果的に宮崎が打ったんで、申告敬遠は関係ないんですけど、ちょっとしたベンチの迷いがバッテリーに少しね。

 

田尾 勝負のあやですね。

 

真中 立浪さんはこのケースをどう感じますか?

 

立浪 まあ恐らくロペス選手に対して勝負に行ったと思うんですよね。それで1球目が明らかなボールで、これでは勝負にならないということで当たってない宮崎選手勝負でいこうという判断だったと思うんですよね。

 

真中 はい。まあ結果的に宮崎選手に打たれてしまったんですけど、その申告敬遠の間がベンチの迷いを少しバッテリーが察してしまったのかなと。

 

田尾 まだ試合がどうなるか分からない展開でしたからね。

 

真中 そうですね。

 

田尾 もうポンっと決めたら良かったと小川監督も思ってるんじゃないですか。

 

真中 そんな気がするんですよね。

 

衛藤 ちょっと難しいですね()

 

真中 野球は難しいんですよ(苦笑)

 

 

以上です。

微妙な間が勝負に影響gああったかもしれません。
おすすめの記事