2018年10月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で10月13日から始まるクライマックスシリーズのファーストステージについて元中日の谷沢健一、元横浜の斎藤明雄、中日で監督をしていた谷繁元信がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



アナ 10月13日からいよいよクライマックスシリーズが始まります。まずはファーストステージです。セ・リーグはヤクルト対巨人が神宮で開催。そしてパ・リーグはソフトバンク対日本ハムがヤフオク!ドームで開催されるということですが、いよいよですね。

 

谷沢 明後日から始まるこのファーストステージを見ますと下克上だらけなんですよ。

 

アナ そうなんですよね。

 

谷沢 セ・リーグは2位からは6回突破している。3位からは5回突破しているんです。さて、パ・リーグのファーストステージの突破率ですけど、明雄さんはどれぐらいか分かる?

 

アナ これは過去11年分のデータです。

 

斎藤 11年分でしょ。私は3位の方が突破していて55%ぐらいだと思うんですよ。

 

谷沢 ほー。

 

斎藤 3位の方が勝ち上がっていそうな感じがします。ロッテのコーチだった時も3位からクライマックスシリーズのファイナルステージまでいきましたからね。

 

谷沢 うん。

 

斎藤 だから、3位からの方がパ・リーグは勝ち上がっているんじゃないかなと思います。

 

谷沢 うん。谷繁さんはどう思う?

 

谷繁 ちょうど5割ぐらいだと思います。

 

谷沢 さて、答えはこれです。

 

パ・リーグのファーストステージの勝ち上がり

2位 3回 27.3%

3位 8回 72.7%

 

 

斎藤 えっ!?こんなに高いんですか!

 

谷沢 うん。

 

斎藤 こんなにも高いんですか!?

 

谷沢 そう。3位から8回突破している。

 

谷繁 スゴいですね。

 

谷沢 だから下克上と言われているんですよ。

 

アナ そういうイメージが強いですね。

 

 

谷沢 うん。そこで明雄さんはコーチとしてファーストステージを1回突破してますよね。(※2013年のロッテ)

 

斎藤 はい。このファーストステージから勝ち上がりは3位だったんですけど、もう1戦目に負けたらダメだと思って1戦目に全投手を注ぎ込むぐらいにいったと思いますね。

 

谷沢 うん。

 

斎藤 それで初戦は11対1で勝って、2戦目は20安打を打たれて、15点ぐらい取られてえらい伊東監督に怒られたというのはありましたよね(笑)

 

谷沢 うん。

 

斎藤 それで3試合目は絶対に落とせないということで、どんどんピッチャーを注ぎ込むつもりで、もうファイナルステージのことは何も考えてなかったですね。

 

谷沢 あー。

 

斎藤 もう何せこれを突破することだけしか考えてなかったですね。その結果、西武に勝ってファイナルステージに勝ち上がりましたね。

 

アナ まずはファーストステージということですね。

 

斎藤 はい。その中でも第1戦ということで非常に熱が入りましたよ。

 

アナ へぇ~。

 

谷沢 谷繁さんは現役時代に4回ファーストステージを突破していますけども。

 

谷繁 はい。やっぱりファーストステージって、先に2勝しないとダメじゃないですか。

 

谷沢 はい。

 

谷繁 これ僕はヤクルト戦でホームランを打ったんですけど。(当時の映像を見ながら話しています)

 

谷沢 うん。

 

谷繁 これ前の試合でスクイズ失敗して三振しているんですよ。

 

谷沢 ほー。

 

谷繁 それで1試合目に負けたんですよ。

 

谷沢 あっ、1試合負けてんだ。

 

谷繁 負けているんです。これ2試合目でホームランを打ったんですけど、まあ緊張しましたね。

 

アナ へぇ~。

 

谷繁 緊張というか何だろう。今まで味わったことのないような緊張感がありました。

 

アナ プレッシャーのような?

 

谷繁 プレッシャーです。

 

斎藤 1試合目は空回りしたんじゃないの?

 

谷繁 そうですね。ちょっと空回りしたんですけど。でも、何とか次の試合で取り返せたんで良かったんですけど。

 

谷沢 明雄さん、このファーストステージに限って言うとね、順位による有利だとか不利だとかは考えたことはある?

 

斎藤 いや、これはもう全く考えたことはないです。

 

谷沢 うん。

 

斎藤 もう相手の攻撃が裏だったとしても全く考えてないです。もう自分のチームに先に点を取ってもらって、ピッチャーで逃げ切ることしか考えてないです。

 

谷沢 うん。

 

斎藤 もう有利も不利も考えてなかったですね。

 

谷沢 谷繁さんは感じたことはある?

 

 

谷繁 ファーストステージにはないです。ほぼないです。

 

谷沢 ほー。

 

谷繁 ファイナルステージになるとあるんですけど。

 

谷沢 その短期決戦に強いとか弱いとか、そういうこともあると思うんだよね。それがこれなんですけどね。

 

CS通算勝率(ファースト、ファイナル合計)

ヤクルト .500 (9-9)ソフトバンク .512 (21-20)
巨人 .452 (19-23)日本ハム .579 (22-16)

 

 

谷沢 ヤクルトが5割。一番高い勝率なのが、ファイターズの5割7分9厘なんです。22勝16敗。

 

斎藤 これはやっぱり点の取り方が上手いというチームの方が強いんじゃないですか。

 

谷沢 うん。

 

斎藤 一発で決めるというチームの方が勝率が低いんじゃないかなという感じはしますね。

 

谷沢 うん。だから、ジャイアンツはイメージ的に弱いということか。

 

斎藤 そうですね。

 

谷繁 やっぱり長打頼みという打線のチームですから。

 

谷沢 はい。

 

谷繁 やっぱり足とか小技がある方が短期決戦には強いかもしれないですね。

 

谷沢 うん。

 

アナ 日本ハムも3位でのクライマックスシリーズ進出ですけど、この高確率のデータを見ると、下克上もあるかもしれないという予想にも繋がりますよね。

 

斎藤 まあ、それは言えると思いますけどね。

 

谷繁 ただ、上の2つが強いんですよ。

 

アナ そうなんですよね(笑)

 

谷沢 でも、強いからやり甲斐もあるよな。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

下克上はあるんでしょうか。

おすすめの記事