2018年10月29日にTBSで放送された「ひるおび」で広島カープの育成システムについて語られています。登場人物は登場人物は番組MCの恵、TBSアナウンサー、槙原寛巳です。

 



アナ 2018年、セ・リーグの代表として日本シリーズを戦っている広島カープ。現在、広島はセ・リーグを3連覇しています。日本シリーズのスターティングメンバーは全員生え抜きです。

 

2018年 日本シリーズ第1戦のスタメン(青字は高卒)

1番田中広輔JR東日本2013年 ドラ3
2番菊池涼介中京学院大2011年 ドラ2
3番丸佳浩千葉経済大高2007年 ドラ3
4番鈴木誠也二松学舎大付高2012年 ドラ2
5番松山竜平九州国際大2007年 ドラ4
6番野間峻祥中部学院大2014年 ドラ1
7番會澤翼水戸短大付高2006年 ドラ3
8番安部友裕福岡工大城東高2007年 ドラ1
9番大瀬良大地九州共立大2013年 ドラ1 

 

アナ しかも、全員ドラフト1位で入った選手ではなく2位や3位や4位の選手もいるというメンバー構成になっています。『育成のカープ』と呼ばれていまして、ドラフトの基本方針はこちら。

 

育成のカープ ドラフトの基本方針

野手肩の強さと足の速さを重要視
投手大学生や社会人は主に即戦力、高校生は3,4年ごを見据えた素材重視

 

アナ そしてポイントとしては『長所と短所を全てしっかりと見る』ということです。苑田スカウト統括部長に聞きました。

 

①今でも他球団のスカウトと選手の評価は絶対にしない。自分の目をどれだけ信じられるか。

②良いも悪いも全てを見る。思いやりのない人間がこの世界で生きてはいけない。

 

アナ 人間性も見るということです。知名度や実績がなくても、例えば2017年にセ・リーグの最高勝率の投手だった薮田和樹投手なんかは2014年のドラフト2位。亜細亜大学時代というのは怪我もあってなかなか投げられなかった。登板は3年春の2試合だけでした。

 

恵 ほー。

 

アナ 1勝も大学時代にしていません。

 

恵 でも、ドラフト2位で獲った。

 

アナ そうなんです。素材がいいということで獲って、結果的に2017年にセ・リーグの最高勝率となりました。そして広島では『耐える力』というものを重視しています。田村スカウトに聞きました。

 

キツイ練習でも耐えられるかどうか。まず投げ方やフォームを見る。その成長読度に関わってくるのが性格。下積みで流した汗や涙は裏切らない。

 

恵 田村さんというのは大瀬良選手を引き当てた人でしょ?

 

アナ はい。

 

恵 子供の頃からずっと目を掛けていたという。槙原さん、これが今のトレンドになりつつあるんですかね?

 

槙原 そうですね。色んな育成方法がまた紹介されていって、各球団も習って試行錯誤していくんでしょうけどね。

 

 

以上です。

カープが育成球団としては最高クラスだと思います。

 

おすすめの記事