2018年5月5日のvs中日戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。試合は阪神小野、中日ガルシアの先発で始まる。阪神は初回に先頭打者の上本が出塁し盗塁するが、その際に足を痛めて退場する。その後、植田と糸井が繋いでロサリオの2点タイムリーで先制。3回裏にもロサリオがタイムリーを打ち追加点。その後、阪神小野は何度もピンチを招くが6回2/3を2失点で凌ぐ。阪神は追加点を重ねる展開で楽勝ムード。最終スコアは7-2で阪神が勝利。スカイAとMBSラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 



【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ いきなりの上本のアクシデントをみんなではね返しました。

 

金本 そうですね。ちょっと心配ですけどね。盗塁してね・・・せっかく最近は足を使い始めたのにね。ちょっと心配ですし、ちょっと痛いですね。

 

アナ その上本選手の状態の報告はもう入っていますか?

 

金本 いや、まだ入ってないですね。

 

アナ ただ、そんな中でロサリオ選手が4番の仕事だと思います。

 

金本 まあ、当たりはそんなに良くなかったんですけど、まあ、タイムリーには変わりないんでね。いい当たりをしても正面に飛んだら意味ないですから、そういう点で今日は4打点ですかね。まあ、これで精神的に楽になってほしいですね。

 

アナ それから、上本選手に代わって出た大山選手も得点圏で思い切りのいいバッティングが出たんじゃないでしょうか。

 

金本 そうですね。初球からいきなりレフト前に打ててランナーのいる場面でアウトになりましたけど(2塁ランナー坂本がホーム憤死)、彼もやっぱりきっかけにしてほしいですね。

 

アナ 2番の植田選手がハツラツとやっています。

 

金本 ハハハ!(笑) そうですね。やっぱり守りが素晴らしいですね。足も素晴らしいですし、少々バウンドが合わない時でも前にいくグラブ捌きといいますか、安心して見ていられますね。

 

アナ バッティングに関してはどうですか?

 

金本 いやいや、2本目のライト前とかね、インサイドのボールを上手く腕を畳んでね。セーフティバントも見事でしたけど(笑) 彼が勢いを付けてくれていますね。

 

アナ その植田選手の盗塁も含めて4盗塁の全てが点に繋がりました。このへんはいかがでしょうか?

 

金本 今日の攻撃はやっぱり、盗塁の後のタイムリーっていうのが4点ですか。こういう野球を本当にずっとしたかったんで、そういう意味では上本の怪我というか離脱は痛いんですけど、こういう野球をまた続けていけるようにやっていきたいですよね。

 

 

アナ ちょっと投げる方も伺いますが、小野投手にはちょっとゲーム展開とは違う厳しい視線を金本監督は送っていたように見えました。

 

金本 いや、厳しくなりますよ。7回なんかはやっぱり、ベンチの意を汲んであそこはビシっといってほしかったんですけど、最後でまた2つの四球で合計7つですかね。うーん、結果的にモレノの助けを得るようになってね。やっぱり、あの回をバシッと締めておけば、またチームにとっては締まったゲームと言えるんですけれどね。まあ、彼も力んだのか・・・反省してほしいですね。

 

アナ 明日は2カード連続の勝ち越しがかかるゲームになります。

 

金本 そうですね。やっぱりゴールデンウィーク最後なんで、いい試合をしてゴールデンウィークを締めくくりたいです。

 

勝利監督インタビュー終了

 

 

【久慈守備走塁コーチのコメント】

久慈 (5回表満塁の大山のサードゴロゲッツー処理は)スゴく大きいプレーだったね。もともと守備がサードだからハンドリング、捕ってからの送球を含めても全て良い。守備が上手い。だから、あのプレーは大山にとってはいい意味で普通。今シーズン、何度も大山の守備には助けられている。上本が怪我をしたので、これから怪我の状況によって分からないけど、もし上本が試合に出られない状態なら内野はサード大山、ショート植田、セカンド糸原になるだろう。糸原もショートよりセカンドの方が慣れているのでみんなが収まるところに収まる形になるかもしれない。

 

【香田投手コーチの試合後のコメント】

香田 (小野は)前回同様、コントロールがもう一つ定まらない。先頭バッターに簡単に四球。四球が7つかな。その辺がもう少し改善されないといけない。

 

【小野の試合後のコメント】

小野 (3勝目で)去年より1つ多く勝てることができたんだけど、でも、この勝利は野手の方に助けてもらったもの。今度こそ自分の力で勝ち取りたい。今日はなんとか2失点でいけたけれども、やはり四球の数を減らさないといけない。ただ、収穫としては前半カーブでカウントを稼げたこと。これは自分の中で手応えがあったので次へと繋いでいきたい。次回の登板までにはブルペンで投球のやり方を見直したり、1球1球丁寧にやっていきたい。

 

 

以上です。

上本の怪我が痛すぎますね。ただ、足を使う野球がしたかったと金本監督が言っていますけど、それならなぜ上本を使わなかったのか疑問が残りますね。何かの力が働いているのでしょうか。下衆の勘繰りですけどね(笑)

おすすめの記事