2019年1月にフジテレビONEで放送された『プロ野球 ここだけの話』で横浜や中日で活躍した谷繁元信がプロ野球界での恩師を語っています。途中からその恩師である大矢明彦も語っています。

 



アナ 谷繁さんには運命的な出会いとしては、隣にいらっしゃる大矢(明彦)さんになるんですか?

 

谷繁 はい。そうです。僕のプロ5年目からバッテリーコーチとしてお世話になりました。ちょうどチーム名がベイスターズになった年にコーチに就任されて、そこからです。

 

アナ 今だから話せるエピソードとかはありますか?

 

谷繁 エピソード・・・まあ、妥協という言葉がまずない。

 

アナ うーん。

 

谷繁 でも、今になってよく考えると、僕をとにかく一人前にする、しなきゃいけないっていう大矢さんの思いだったんだなと分かります。

 

アナ なるほど。厳しかったですか?

 

谷繁 厳しかったですよ。もう練習も厳しかったし、シーズン中も朝から試合の後も僕に時間を割いてもらって。

 

アナ へぇ。

 

谷繁 試合中もそうですし、色々と教わりましたしね。

 

アナ なるほど。そして谷繁さんの横にいる大矢さんはどんなことを大切にして谷繁さんを指導されていたんですか?

 

大矢 もうとにかく上手くなってほしいという気持ち。それだけですよね。それでその当時は古田さんがヤクルトで大活躍でしたから、もう周りがキャッチャーの話をする時にもう古田がラインになるんですよ。

 

谷繁 うん。

 

アナ へぇー。

 

大矢 例えばヤクルトバッテリーがアウトローの見逃し三振を取ったら、するとほとんどが「古田がやっぱり裏かいてますね」ってこう言うわけですよね。

 

アナ ほぉ。

 

大矢 それで若い頃の谷繁がそういう風にやっても「ピッチャーがいい所に投げましたね」となるんですよ。

 

谷繁 フフフ(笑)

 

大矢 だからそれは良かったら「キャッチャーがうまかった」と僕らが言ってあげないといけないで。

 

アナ はい。

 

大矢 だから普段の練習からじゃなく、マスコミの人たちにも「一生懸命頑張ってる」って僕らが知らせていかないといけないというのがありましてね。とにかく早く古田のラインぐらいまで認めてもらえるように。

 

アナ はい。

 

大矢 ただ、古田みたいになるとは思わなかったわけですよ。古田には古田の良さがあり、谷繁には谷繁の良さがある。

 

アナ うんうん。

 

大矢 だから、そういう競争をさせたいなと。例えば5年かかるところを3年で谷繁が一人前になってくれたら、2年分だけ谷繁が努力してきたというわけですから。今だとそういう事を言ってくれますけど、当時は「チキショー」と思ったこともあったと思います。

 

 

以上です。

後半は大矢ばっかりが語っていますが谷繁の恩師は大矢のようです。

おすすめの記事