201944vs読売ジャイアンツ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は高卒3年目の浜地、巨人の先発はドラフト1位ルーキー高橋。阪神浜地は初回から岡本に2ランなどで3点を先制される。更に4回裏には坂本に3ラン。初登板でしたがボロボロの内容。浜地の後を引き継いだ1軍昇格即登板の望月も岡本、亀井にホームランを浴びるなどボコボコ。その後も得点を重ねられ最終スコア1-11で阪神の負け。G+ABCラジオとMBSラジオのレポートを参考にコメントなどを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

先発の浜地の真っ直ぐは悪くなかった

矢野 まあまあそうだね。ただ変化球のときにちょっと腕の振りが緩むよね。それを仕留めらてるし、その緩んだボールがストライクゾーンに甘くいっちゃう。1球は見逃してくれてもその次は見逃してくれないのがこの世界。

 

―次の浜地の登板は?

矢野 うーん。ちょっと考えるわ。チーム全体のことも色々あるし。

 

―打線について

矢野 まあね。これだけチーム全体が悪いのもなかなかないんだけれども、そんなことも言っていられないし。どう見えてるか分からないけれでもベンチではもちろん声は出しているしとにかく前を向いてやっていくしかないでしょ。ファンに申し訳ない形の試合になっちゃっているけれども明日もゲームがあるので。

 

最後は「大丈夫」とマスコミ陣と確認のように話して談話は終了

 

 

以上です。

開幕からここまでウィークポイントの弱すぎる打撃力が丸出しになるとは。
おすすめの記事