2018年10月2日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で勝利した埼玉西武ライオンズ。優勝も決めて浅村栄人か山川穂高のどちらがパ・リーグMVPになるのかを元横浜の高木豊、元中日の谷沢健一、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



今季の打撃成績 (10/2の試合終了時点)

試合打率打数-安打本塁打打点
浅村栄人140.306556-17030122
山川穂高140.280529-14847122

(赤字はリーグトップ)

 

 

アナ この試合でライオンズの浅村選手が2打点をあげて122打点し、トップの山川選手に並びました。

 

高木 はい。何か気になるのは、打点王争いもそうなんですけど、MVPは誰かということです。谷沢さん、どうですか?浅村か山川でいいですか?この二人でいいですか?

 

谷沢 いやぁ、1番を打っている秋山翔吾だってチャンスがあるよね。

 

高木 秋山もいますよね。

 

谷沢 でも、山川が2冠王だと山川がMVPになるかなあ。打点王とホームラン王でね。

 

高木 うーん。笘篠さんはどう考えますか?この二人のどちからでいいですか?

 

笘篠 いや、僕は二人の中からとかじゃなくて、浅村にMVPを獲ってほしいですね。

 

高木 獲ってほしい。その理由は?

 

笘篠 やっぱりキャプテンとしてチームのことを相当考えて、プレーしてくれている部分も評価してあげたいですね。

 

高木 うん。僕も同じなんですよね。山川って最初から不動の4番じゃなくて、何か支えられた4番から、もう大きな4番に育ったじゃないですか。

 

谷沢 うん。

 

高木 その力を与えたのは浅村だと思うんですよねぇ。

 

アナ なるほど。

 

谷沢 まあ、そういう貢献は認めるけどね。

 

高木 はい。

 

谷沢 認めるけど、今年の西武の打棒は山川が中心ですよ。

 

高木 そうですね。引っ張っていましたよね。まあ、いずれにしても楽しみですよ。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

どっちなんでしょうね。山川の方がインパクトありますけど、チームを支えたりしたのは浅村でしょうけどね。

おすすめの記事