2019811vs広島カープ戦@京セラドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は望月惇志、広島の先発は九里亜蓮。阪神は初回に近本が2塁打で出塁し続く高山福留の連続内野ゴロの間に近本が進塁し1点先制。直後の2回表に広島は會澤のタイムリーですぐさま同点とする。更に3回表には菊池の2塁打でチャンスを作り4番鈴木がタイムリーで広島が1点勝ち越す。そして5回表には西川が打ったレフト前方のフライを北條が追い過ぎてお見合いをする守備のミスから望月が崩れて一挙に3点取られ4点差となる。阪神は敗色ムードでしたが6回裏に満塁のチャンスで1点を取ってまず2点差。更に8回裏にマルテソラーテの連打から大山が2点タイムリー、糸原がセンター前ヒットで大山が生還し同点。この時の糸原の当たりでセンター野間が処理に手間取り3塁まで進み、その糸原に代わって代走植田が起用され、9番陽川の内野ゴロの間に俊足植田がギリギリ生還し一挙4点取り逆転に成功。GAORAとABCラジオとMBSラジオの野球中継のレポートを紹介します。-

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―連日の終盤での逆転劇

矢野 しびれましたね。よくやってくれました。

 

8回裏、大山が打ってランナーを返した

矢野 ヒットで返してくれてもチャンスは広がったんですけど、2ベースヒットで返してくれたんで、一気にいけました。ナイスバッティングでしたね。

 

―糸原がその後にタイムリー

矢野 健斗もスタメンを外れて色々な思いがある中で健斗らしいしぶといバッティングをしてくれましたし、その後の植田海の走塁というのは海にしかできない走塁だと思うので、派手なプレーではないですけど、本当に素晴らしいプレーでした。

 

 

2度目の先発の望月の内容

矢野 ボール自体はいいものを持っています。今日も立ち上がりはスゴくいい形でスタートしたんで。でも、まだ自分で勝つという部分ではしっかりカウントと取ったりとか、勝負どころでの決め球とか、その辺の精度でいうと、今の時点ではもうちょっと欲しいところです。本来持っている能力は本当に素晴らしいピッチャーなので、その成長を楽しみにしたいと思います。

 

―その後のリリーフ陣も踏ん張った

矢野 先発が降りた後に打たれてしまうと一気に流れが向こうに行ってしまうので、そういうところで中継ぎのみんながしぶといピッチングしてくれたと思います。

 

―明日から名古屋の中日戦に向けて

矢野 勢いを出しましょう。この2つをなんとか勝ったんでね。勢いを付けていきたいと思います。

 

勝利監督インタビューは以上

 

 

その後の矢野監督のコメント

―改めて大山について

矢野 4番を外れてもやる事は変わらない。あいつ自身もレベルを上げていかないといけない中での働きだったな。こういういい流れを積み重ねていってほしい。

 

―マルテ・ソラーテ・大山の並びについて

矢野 2戦連続結果が出ていて、俺もソラーテの打順はどこがいいのか試行錯誤しながら打順を組んでいる。こういう結果が出ると打順を固めやすくなってくる。

 

―決勝ホームインの植田の走塁について

矢野 植田を出した時点で腹を括っている。本当は陽川がヒットで返してくれるのが一番いいんだけど、あれだけ内野が前に来ている中であの打球で還ってこれるのはスゴいな。スタメンで使いたいぐらいなんだけど、本当に貴重なカードとして使いやすい選手だな。

 

 

以上です。

逆転勝ちしてくれました。
おすすめの記事