20191022日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で日本シリーズ2019 読売ジャイアンツ vs.福岡ソフトバンクホークスの第3戦で9回裏に巨人の増田大輝が見せた暴走について元中日の立浪和義、元横浜の野村弘樹、中日で監督をしていた谷繁元信がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



状況
9回裏 巨人4点ビハインドで無死1塁という状況でSBバッテリーが大きくボールを弾くワイルドピッチ。そこで1塁ランナーの増田は2塁へ進むが、キャッチャーが大きく弾いたので更に3塁を狙ったが余裕でタッチアウトとなった。

 

アナ 9回裏にこんなことがありました。

 

野村 阿部慎之助のヒットからの代走増田。このシーンを振り返っていくと4点差です。そしてワイルドピッチから3塁まで行ってしまって楽勝アウトという。立浪さん、どうですか?

 

立浪 これは4点差という状況も分かって代走に出てるはずなんですけど、やっぱり足が速いがゆえにどこでいけると判断してしまったのかは分からないんですけど、これはもう完全にセーフという以外は走ってはいけないですよね。際どいタイミングでも行ってはいけないところで、あれだけ完全にアウトになったわけですから。

 

野村 そうですよね。

 

立浪 今試合に出始めた選手じゃないですからね。やっぱり状況をしっかりと考えてこういうことがないようにしないと。

 

野村 まあ暴走という結果ですよね。

 

立浪 はい。

 

野村 谷繁さんはどうでしょうか?

 

谷繁 まあジャイアンツの若手が日本シリーズというものに押し潰されているような感じがするんですよね。

 

野村 うんうん。

 

谷繁 だから、彼も代走としての経験がシーズンではたくさんあったんですけど、こういうミスをしてしまった。そして第2戦では山本がサードに入ったらすぐにエラーをする。

 

野村 はい。

 

谷繁 それで今日の戸郷のバント処理のミス。まあこれでいい経験をしたと思うしかないですよね。これからプラスにしていってもらいたいなと思いますけどね。

 

 

以上です。

やっちゃいました。
おすすめの記事