2020619日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦との開幕戦で完勝した埼玉西武ライオンズの投手陣と打線を元日ハム阪神の片岡篤史と元横浜の野村弘樹がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



投手陣について

この日のニールの投球内容
6回106球 被安打1 奪三振2 四死球4 失点0

 

アナ 西武が開幕戦勝利を飾りました。片岡さん、先発のニール投手はいかがでしたか?

 

片岡 今日は良かったですよ。昨年から11連勝ということでね。右打者に対しては中田選手に2回にレフト線に打たれましたけど、それ以降はアウトコースへのチェンジアップですね。あまり右打者に対して右投手がチェンジアップを投げることはないんですけど、そのコントロールが抜群に良かったですね。

 

アナ なるほど。

 

野村 それで7回平井、8回ギャレット、9回に増田とこれ完璧なリレーじゃないですか。

 

片岡 今年の西武はこういう風な勝ちパターンの投手を注ぎ込んでいけばかなり勝利が増えてくると思うんですよ

 

野村 はい。

 

片岡 新外国人のギャレットですよね。あの投手が8回を投げてくれれば、平井投手にかかる負担も少なくなってくるんじゃないですかね。

 

野村 この後ろの3枚が決まってくると、西武は強くなってきそうですよね。

 

片岡 問題は投手陣なんで、その3人がしっかりしてくれば益々強くなってくるなと感じますね。

 

 

有原を攻略した打線

野村 それと 一つ聞きたいんですけど、日ハムの有原が3回までパーフェクトだったんですけど、4回に有原が崩れたのか、それとも西武打線が何かを変えてきたきたのかを聞きたいんですが。

 

片岡 有原は3回まで非常に良かったです。

 

野村 はい。

 

片岡 特に2回は9球なんですけど、全部3球勝負で、山川中村には真っ直ぐで三振なんですよね。しかし、その4回にスパンジェンバーグに対して初球ボールだったんですね。

 

野村 はいはい。

 

片岡 そこでファーストストライクをスパンジェンバーグ、源田に同様に1ボールから打たれてるんですよ。

 

野村 はい。

 

片岡 この辺で有原が「あれ?」という感じで西武打線に呑まれた感じですね。

 

野村 なるほど。ファーストストライク取れてたのが取れなかった。そのファーストストライクを打たれたことによって崩れたという事ですか。

 

片岡 それを逃さなかった西武の12番ですね。さすが西武打線でしたね。

 

野村 だからこの回は個人というよりも束で攻略していった感じですかね。

 

片岡 まあ、1番から下位まで気が抜けませんので、一回りすれば打者が狙い球を絞って捉えてくる辺りはさすが西武ですよね。

 

 

以上です。

磐石の勝利で3連覇へ向けて視界良好。
おすすめの記事