202077日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で2年ぶりとなる今季第1号ホームランを放った千葉ロッテマリーンズの安田尚憲について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の平松政次、元巨人の斎藤雅樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の高橋の投球内容
6回110球 被安打9 奪三振9 四球1 失点6
今季2勝1敗 防御率5.71(7/7の試合終了時点)
今季初黒星!

 

アナ 西武はロッテに敗れました。西武・先発の高橋光成投手は今日は粘れずというピッチングでした。

 

大久保 はい。平松さん、今日の高橋光成のピッチングはどうでしたか?

 

平松 今日は(マリンスタジアムの)風が強くてね・・・。

 

大久保 あの風はピッチャーにとってどうなんですか?

 

平松 それはもう14メートルの風なんて吹いてたら、足を上げた時に倒れるんじゃないかなと思ってね。

 

大久保 そういうのがあるんですね。

 

平松 もう最初のピッチングフォームからバランスから取れませんよね。

 

大久保 うーん。

 

平松 そういう意味でも今日は可哀想だなと思うんだけど、やっぱり高橋の良いところはボールの強さでしょ。

 

大久保 そうですね。

 

平松 コントロールでのいいピッチャーじゃないですよね。

 

大久保 そういうピッチャーですよね。

 

平松 そのボールの強さが去年からも無いんですよね。だからもうちょっと自分の特徴を活かさないとね。

 

大久保 なるほど。斎藤さん、このマリンスタジアムの風はピッチャーにとってはどうなんですか?

 

斎藤 僕、大嫌いです。

 

大久保 あぁ、そうですか。

 

斎藤 こういう時にあんまり投げた事ないんで、本当に大変だろうなと思いますね。

 

 

以上です。

風の影響もあったんでしょうかね。
おすすめの記事