2020721vs.広島カープ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 秋山―馬場―岩崎―スアレス

広島 九里―フランス―高橋―薮田―DJ

 

阪神は先発の秋山は初回からカープの絶好調男の堂林にソロホームランを浴びて先制されるが、直後の1回裏にサンズのソロホームラン返しですぐさま同点とする。2回裏にも糸原が2ランを放ち2点勝ち越す。更に4回裏には秋山の2塁打からチャンスを作りサンズタイムリー、大山2ランで3点追加する。秋山は7回表に捕まり3点取られ再び2点差にされるが、直後の7回裏に北條のソロホームランなどで2点追加し4点差とする。8回裏にも北條がタイムリーを打ち1点追加。最後はスアレスが締めて9-4で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―北條のホームランについて

矢野 イヤな流れの中で先頭バッターでホームランが出た。北條自身にもチームにとっても大きかった。

 

―大活躍の糸原のについて

矢野 今日は守備で頑張ってくれたし、ホームランも逆方向に出た。糸原の状態が良くてチームを引っ張ってくれている。地に足を付けて落ち着いて、キャプテンとしても成長している。

 

7回途中降板の先発の秋山について

矢野 完投までは考えてなかったんだけど、火曜日だから行けるところまで行ってくれたらと思っていた。

 

―大ピンチを凌いだ馬場について

矢野 今日は結果が良かったけど、プロだからやり返される事もあるだろう。何でもいいから、もちろん打たれてもいいから、ああいう場面でどんどん投げていって、一つ一つ経験して成長してほしい。

 

―ボーアの欠場について

矢野 日に日に良くなっている。バッティングもやったりしてるので、また明日それについては様子を見て考える。

 

 

以上です。

貯金1になりました。
おすすめの記事