2020825日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先発し、無傷の開幕9連勝を飾った読売ジャイアンツの菅野智之のピッチングについて元巨人の斎藤雅樹と楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



菅野のヒーローインタビューの一部

―今日の内容を振り返って

菅野 とりあえずホッとしてますけど、喜べる内容ではないので、しっかりと反省して次に生かしたいなと思います。

 

―斎藤雅樹を超える開幕9連勝

菅野 斎藤さんの記録は一つも抜けないと思っていたので、一つ抜けて嬉しいです。はい。

 

 

菅野の投球を語る

この日の菅野の投球内容
7回91球 被安打5 奪三振6 四球0 失点2
今季9勝0敗 防御率1.61(8/25の試合終了時点)
開幕投手ではスタルヒン以来82年ぶりの快挙!

 

アナ 「斎藤さんの記録を抜けて嬉しいです」との事ですが・・・。

 

斎藤 ・・・はい。おめでとうございます。

 

アナ ちょっと悔しそうですが()

 

大久保 教え子がこうやって抜いてくれるのは嬉しいですよね。

 

斎藤 はい。それはもう最高ですね。

 

アナ という事で、今日の菅野投手はどこが気になりましたか?

 

斎藤 敢えて初回の菅野ですね。

 

大久保 うーん。

 

 

斎藤 いきなりヤクルト打線に先頭から坂口・山田・青木と3連打を浴びるんですよね。それでヤクルト打線もまだ菅野が本調子ではないという事で真っ直ぐがイマイチ、スライダーがほとんど曲がってなかったんですよね。そういうところで菅野本人も「イヤだな」と思っただろうし、特に神宮球場というのは相性が良くないので、「あぁ、今日もダメなのかな」って思ったと思うんですよ。

 

大久保 うんうん。

 

アナ ただ、そこから2回以降は立ち直ったんですよね。何があったんでしょうか?

 

斎藤 2回以降はまずフォークボールを使い出したんですよね。

 

大久保 はい。

 

斎藤 敢えてフォークを多めに投げたと思うんですけど。いつもの軸となるボールが良くない時にはそうじゃないボールを投げて、いつもの軸になるボールを思い出すというのをやってたのかなと思いますね。

 

大久保 開幕戦は金曜日だったじゃないですか。それがいつの間にか火曜日に菅野が投げるようになって、それを毎週斎藤さんと菅野の投球を見てて。(※火曜日はデーブがMCで斎藤雅樹は火曜によく出ている)

 

斎藤 はい。

 

大久保 フォークはもともと素晴らしいですよね。

 

斎藤 そうですね。ただ、そんなに投げない球種なんですよね。基本は真っ直ぐとスライダーなんですよね。

 

大久保 そうですよね。

 

斎藤 でも今日は初回にその真っ直ぐとスライダーがダメだったというところで、2回にフォークを挟んでから、軸になる球である真っ直ぐとスライダーが良くなってきて、そして4回以降はいつもの敵なし状態になりましたね。

 

 

以上です。

調子悪くてもフォークで凌いで尻上がりに良くなる。
おすすめの記事