2020年9月19日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で延長戦で決勝点となる内野安打を放った広島カープの大盛穂について元巨人の斎藤雅樹と元横浜の高木豊がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



大盛のヒーローインタビューの一部

大盛 打った瞬間に全力で走ろうという気持ちでいっぱいでした。打撃の方で森下を援護できるようにと思ってたんですけど、なかなか上手くいかなかったんですけど、結果的には(決勝点の)1点が取れて良かったです。

 

 

大盛を語る

この日の大盛の打撃内容
1打席目 ショートフライ
2打席目 空振り三振
3打席目 空振り三振
4打席目 センターフライ
5打席目 空振り三振
6打席目 セカンド内野安打
シーズン打率.328(9/19の試合終了時点)
決勝点となる内野安打!

 

井森 延長戦の末、広島がヤクルトとの接戦を制しました。高木さん、大盛選手が決勝打でした。

 

高木 その前の打席ではチャンスだったんですけど三振してるんですよね。

 

井森 はい。

 

高木 それが相当悔しかったんでしょうね。そこで内野安打狙いの叩き付けにいったようにも見えるんですよ。

 

井森 ほー。

 

高木 だから広島カープっていうのは、こういう選手がドンドン出てくるんだなっていうような、本当にカープらしい選手ですよね。

 

井森 あのヘッドスライディングなんかはそうですよね。

 

高木 はい。

 

井森 それで大盛選手は9月13日からスタメン出場という事ですもんね。

 

高木 そうですね。

 

井森 2年目で育成ドラフト1位ということで、ここ最近は育成選手がよく活躍してますよね。

 

高木 もう育成も本ドラフトも関係ないですよね。育成の方が反骨精神があるというかね。

 

井森 プレーを見てても気持ちいいですよね。

 

高木 そうですね。

 

井森 斎藤さんは大盛選手をどうご覧になりましたか?

 

斎藤 やっぱり若々しいというか、スピードがあって非常にいいですよね。豊さんが言うようにカーブらしい選手ですよね。

 

井森 本当に気持ちのいい選手ですよね。

 

高木 爽やかですよね。

 

井森 そうですね。今後も注目ですね。

 

高木 こういう選手がレギュラーを取ってほしいですね。

 

 

以上です。

今後どこまでやれるのか。
おすすめの記事