2020年9月19日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.阪神タイガース戦で先発し、7回途中無失点で勝利に4勝目を飾った中日ドラゴンズの福谷浩司の投球について元巨人の斎藤雅樹と元横浜の高木豊がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



福谷のヒーローインタビューの一部

福谷 3回からこのままで長いイニングが投げれないと思ったんで、ギア1個落として。それは勇気がいりましたけど、それが結果的には上手くいきました。

 

 

福谷を語る

この日の福谷の投球内容
6回2/3 101球 被安打4 奪三振0 死球1 失点0
今季4勝2敗 防御率2.42(9/19の試合終了時点)
試合中に修正して4勝目!

 

井森 中日が阪神に勝利しました。先発の福谷投手がヒーローインタビューで言っていたように1個ギアを落としたということですけど、この辺については斎藤さんはどう思われますか?

 

斎藤 「ギアを落とす」というのはちょっと誤解がありそうな表現なんですけど、まず先発ピッチャーは初回は全力でいくんですよね。そこからは打順とかを見て、流れに沿ってということで全力じゃないという意味だと思うんですよね。

 

井森 うんうん。

 

斎藤 やっぱり全員に対して全力ではいけないですから。だからそういう意味で長い回を投げようと思って、そういう事をしたんだと思いますね。

 

井森 例えばランナーが出たときに力を入れるという事ですかね?

 

斎藤 そういう事ですね。

 

井森 なるほど。高木さんは福谷投手の投球をどうご覧になりましたか?

 

高木 力が程よく抜けて、本当に腕の振りが良くなったなと思いますよ。

 

井森 ダイジェスト映像を見ながらもそういう事をチラッと言われてましたもんね。

 

高木 斎藤さんなんかはランナーがいない時にはヒョイヒョイと投げてましたからね。

 

井森 (笑)

 

高木 ランナーが出ると鬼のように投げてね。

 

井森 やっぱりそこでギアを上げてね。

 

高木 ギアを上げ下げしてましたね。

 

井森 そうですね。

 

 

以上です。

福谷は計算できるピッチャーですね。
おすすめの記事