201973日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日vs.中日ドラゴンズ戦で猛打賞で勝利に貢献。1番で存在感を発揮している読売ジャイアンツの亀井善行について元中日の立浪和義がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。元横浜の平松政次、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



立浪が語る

この日の亀井の打撃内容
1打席目 ライト前ヒット
2打席目 ライト前ヒット(打点2)
3打席目 セカンドゴロ
4打席目 ライト前ヒット(打点1)
シーズン打率.281(7/3の試合終了時点)

 

アナ 巨人は中日に連勝。これで今季3度目の4連勝。2度目のサヨナラ勝ちです。立浪さんの目から見て、今日の勝敗を分けるポイントはどこでしたか?

 

立浪 たくさんあったんですけど、やはり今の巨人の打線の中で坂本選手であったり丸選手がいいのは皆さんは分かっていますよね。

 

アナ リーグ屈指のバッターですよね。

 

立浪 ただ、その中で1番の亀井選手ですよね。

 

アナ はい。

 

立浪 今年は2番を打ったり、5番を打ったり、どこのポジションでもそつなくこなしていますよね。

 

アナ はい。

 

立浪 今は1番として欠かせない存在になっていますよね。バッティングも勝負強さっていうか、「チャンスでこうやって打てば確率が上がる」というボールの待ち方をしているんですよね。

 

アナ うんうん。

 

立浪 これは巨人打線の中で亀井選手の存在は非常に大きいなと思いましたね。

 

アナ 今シーズン4度目の猛打賞で3打点。改めてこういったベテランがいるとチームも安心できますよね。

 

立浪 あとは阿部選手であったり、陽岱鋼選手であったり、そういう代打陣を見たときの層の厚さ。これをスゴく感じますよね。

 

アナ そうですね。巨人は首位を快走しています。

 

ここから真中と平松も加入して若手たちを語ります

 

真中 ドラゴンズも粘ったんですけど、ジャイアンツは強いですね。今日は代打の阿部選手がいいところで打ちますし、若い選手も細かい仕事をしていましたね、平松さん。

 

平松 そうですね。若林の盗塁が大きかったですよね。

 

真中 大きいな盗塁ですよね。

 

平松 うん。ノーアウト1塁で普通はまずはバントしてからと考えますけどね。まあ若林はもともと足が速いんから原監督は使ったんでしょうけどね。

 

真中 はい。

 

平松 盗塁を決めてノーアウト2塁だと勝ちがグッと近づきますよね。

 

真中 なかなかあの場面でスタートを切るのは難しいですよね。

 

平松 うん。難しい。

 

真中 立浪さん、いい走塁でしたね。

 

立浪 もう本当に思いきった勇気と決断力がないとスタートを切れないですよね。

 

真中 ですよね。

 

立浪 まあ増田選手もよくフルカウントからよくバントを決めましたよね。

 

真中 そうですね。

 

 

以上です。

ベテランと若手が融合している。
おすすめの記事