2020年9月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で満塁ホームランを放ったオリックスバッファローズのモヤについて元横浜の野村弘樹、元阪神ダイエーの池田親興、元日ハム阪神の片岡篤史がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



モヤのヒーローインタビューの一部

―前の打者が申告敬遠された

モヤ 相手の判断が間違っていることを証明したいと思っていました。

 

―明日に向けて

モヤ マイニチ、ミンナデカチマショウ。(※日本語でコメント)

 

 

モヤを語る

この日のモヤの打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 サードゴロ
3打席目 ライトホームラン(打点4)
4打席目 レフト2塁打
シーズン打率.255(9/25の試合終了時点)
直近5試合で3ホームラン!

 

アナ オリックスが日本ハムに勝利し、引き分けを挟んで3連勝です。野村さんが気になったシーンは?

 

野村 やはりモヤの満塁ホームランですよね。

 

アナ はい。

 

野村 結局、そこの4回でほぼ勝負が決まったかなというところなんですよね。片岡さん、この場面は4回で1アウトランナー2-3塁でバッター4番の吉田正尚で申告敬遠でした。

 

片岡 はい。

 

野村 そして次のバッターのモヤで勝負。

 

片岡 まあ、申告敬遠は相手側からしたら強打者の吉田ですから仕方ないと思うんですよ。

 

野村 はい。

 

片岡 ただここで一振りで決めるモヤの集中力ですよね。あの真っ直ぐを打ち損じせずに決めたというところが大したもんですよね。

 

野村 うんうん。池田さん、ここでのこの勝負をどう見ますかね?

 

池田 まあモヤ勝負でいくしかない状況でしたけど、やっぱりモヤはバッティングがいいですし、キャンプから外国人選手の中で一番目立っていたんですよね。

 

野村 えぇ。

 

池田 それでその選手をどのようにして使うんだろうというところで、今頃になって使うようになってしまってますから。シーズンの最初から出てたらどうなったんだろうと思うぐらいバッティングなんですよね。

 

野村 はい。

 

池田 打ったモヤが見事でしたね。

 

野村 そうですね。

 

 

以上です。

上段に突き刺さるようなホームランでした。
おすすめの記事