2020年10月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で先発し、5回2失点でプロ初勝利を飾った横浜DeNAベイスターズの平田真吾について元日ハム阪神の片岡篤史、広島で監督をしていた達川光男、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



平田のヒーローインタビューの一部

平田 素直に嬉しいです。勝ちが付いてほしいなって思いながら見てましたけど、本当にリリーフ陣の皆さんが頑張ってくれたんで、最高の1日になりました。

 

 

平田を語る

この日の平田の投球内容
5回85球 被安打3 奪三振7 四球3 失点2
今季1勝0敗 防御率3.19(10/7の試合終了時点)
130試合目の登板で初勝利!

 

アナ DeNAが巨人に勝利。平田投手はリリーフ陣への感謝を語りながら、プロ初勝利となりました。

 

真中 初勝利ですから嬉しいですよね。達川さん、これ普段は中継ぎで、今日はローテーションの谷間みたいな感じの先発登板だったんですよね。

 

達川 はい。

 

真中 それで平田は5回85球を投げて初勝利ということで。

 

達川 やっぱり岡本、丸を抑えたフォークが武器でしょうね。

 

真中 はい。

 

達川 非常にキレのあるボールですよね。

 

真中 丁寧に投げてましたよね。

 

達川 最終的には体力を付けて先発したいと思いますよ。

 

真中 そうですね。片岡さん、平田は130試合目で初勝利なんですけど、やっぱりプロのピッチャーでも1勝するのもなかなか大変ですよね。

 

片岡 とっくに勝ってるのかなと思ってたでね。

 

真中 ですよね。

 

片岡 それが初勝利だったですね。

 

真中 そうだったんですよ。

 

片岡 中継ぎの登板が多くて、両サイドで揺さぶるピッチャーだったんですけど、今シーズンはボールにキレがありますよね。

 

真中 はい。そうですよね。

 

片岡 それでフォークボールの落ちもいいですよね。

 

真中 うんうん。普段は中継ぎで結果を出している平田投手、いい1勝になりましたね。

 

アナ そうですね。

 

 

以上です。

感無量で1勝でしょうね。
おすすめの記事