2020年10月29日の阪神タイガースvs.中日ドラゴンズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 西

中日 大野―谷元―藤嶋

 

西は初回に京田に先制ソロを浴びる。対する中日先発の大野は連続イニング無失点記録中の登板でしたが、初回から阪神打線は近本と糸原の連打でいきなり記録を阻止。更に大山の内野ゴロの間に1点追加し、この回に2得点。3回裏には陽川のタイムリーで1点追加し2点差。西は初回の1失点のみで大野に投げ勝ち完投。最終スコア3-1で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

初回ノーアウト1塁、糸原で強行について

矢野 作戦は色々あると思うが、健斗の状態がいいし、バントがあまり頭になかった。

 

―その後の3塁進塁を狙った糸原のプレーについて

矢野 躊躇していたら行けないところだから、これも大きかった。

 

―9回も西続投について

矢野 中5日だったけど、本人もいけそうな感じだったし、後ろにスアレスも控えているから、そんなに迷うこともなく普通にいかせた。

 

―近本が3割に再び近付いたことについて

矢野 一度3割に近付いて、また落ちて、そこからまた上がったきたんだけど、チカの3割というのは相手に与えるプレッシャー、目に見えないものが非常に大きいから、しっかりとこれは超えていってほしい。

 

―桑原の抹消について

矢野 肘の状態やコンディションがここ何年か上手くいってない中で本人が頑張ってやってくれていたんだけど、100%ではない中だったので来年に向けて万全な状態で、という事で今日は抹消しました。

 

 

以上です。

桑原はテストに合格して来年に備えることになった。
おすすめの記事