2021年2月8日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』で横浜DeNAベイスターズの外野レギュラー争いとドラフト2位ルーキーの牧秀悟について元横浜の高木豊と野村弘樹がフジテレビアナウンサーの黒瀬翔生と共に語っています。

 



外野争いについて

アナ 三浦新監督のもと、1998年以来の頂点を狙うDeNA。梶谷選手が抜けた外野手争いに注目が集まりますが、豊さんが期待する選手はどの選手になりますか?

 

高木 まあ神里、桑原。あとは関根という選手もいるし、三浦監督がファームで見ていた宮本っていうのもいるんですよね。

 

アナ はい。

 

高木 だからこの神里、桑原、関根、宮本の争いになってくるかなと思ってますけど。あとはファームで2冠の細川もいますね。

 

アナ はい。

 

高木 だから楽しみではあるんですけど、レギュラーとして1年間働ける選手と考えるんではあれば、やっぱり神里頑張れと期待はしたいですね。

 

アナ ほぉー。野村さんはどうでしょうか?

 

野村 昨年の梶谷の成績を考えると、同じ成績を上げてくれというのは難しいと思うんです。ただ、センターって大事なんでレギュラーを作っていかなきゃいけないんでね。神里、そしてここ数年苦しんでいる桑原、もしくは若い選手が入ってくるのかっていうところでチームにとって重要な要素になると思いますね。

 

アナ はい。

 

高木 まあ、性格的には桑原が一番向いてるんですよね。

 

アナ あっ、そうなんですね。

 

高木 「当たってでも出て来い!」って言ったら、それぐらいやる男ですから。だから性格的には桑原なんですよね。桑原頑張れと思いますよ。

 

 

牧について

アナ そしてドラフト2位ルーキーの牧秀吾選手はチーム初の練習試合でホームランを放ったんですが、豊さんはどう見られてますか?

 

高木 あんまり映像を見てなかったんですけど、学生の頃から全日本で4番を打ったりとかしてバッティングに定評があったんですよね。

 

アナ はい。

 

高木 だからバッティングはそこそこやるだろうなと思ってて、それで守備はどうなんだって。やっぱりセカンドの守備は大事ですからね。その守備についてあるコーチに聞いたら「いやいや、動けるデブです」と言ってたんで。

 

アナ ほぉー(笑)

 

高木 だから大丈夫なのかなって。まあバッティングセンスから見ると、ある程度は器用にこなすんだろうなって想像してますけどね。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

牧は動けるデブのようです。
おすすめの記事