2021年6月30日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発し、プロ初勝利を飾った北海道日本ハムファイターズの2年目の立野和明についてヤクルトで監督をしていた真中満、中日で監督をしていた谷繫元信、楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



立野のヒーローインタビューの一部

立野 (ウイングボールは)両親に贈りたいと思います。ここから一戦一戦、しっかりまた投げていこうと思っているので、また応援よろしくお願いします。

 

 

立野を語る

この日の立野の投球内容
5回81球 被安打3 奪三振3 四球4 失点0
今季1勝0敗 防御率3.07(6/30の試合終了時点)
粘投でプロ初勝利!

 

アナ 日本ハムが楽天に勝利。立野投手、プロ初勝利おめでとうございます。

 

真中 おめでとうございます。プロ3度目の登板で初勝利になりましたね。今日は相手の先発が楽天の田中マー君ということで、色んな思いがあったと思います。谷繁さん、立野投手がプロ初勝利です。

 

谷繁 やっとスタート地点に立てましたね。

 

真中 はい。

 

谷繁 ピッチャーとしての特徴は、テイクバックが小さくて、踏み込んだ足が着地してもまだ腕が出てこない。

 

真中 うんうん。

 

谷繁 バッターからすると、ちょっとタイミングが狂わされるピッチャーなのかなと思いますね。

 

真中 なるほど。

 

谷繁 ボールのキレとコンビネーションで今後も抑えていかないといけないピッチャーだと思うんですよね。だから今後もピッチング能力を磨いていって、もっとイニングを投げれるように頑張ってほしいですね。

 

真中 ここまでは5回が最長でしたからね。田尾さんはプロ初勝利の立野投手をどう見られましたか?

 

田尾 いい球が行ってましたね。全然、田中マー君の球よりも走ってたように見えましたしね。

 

真中 はい。まあ、これからですよね。今後は6回7回といけるようなピッチャーになってほしいですよね。

 

アナ 自信を付けたピッチングかもしれませんね。

 

立野和明
1998年4月3日生まれ 181㎝・87kg 右投右打
中部一高―東海理化―日ハム(2019ドラ2)

 

以上です。

ようやくスタート地点に立てました。
おすすめの記事